テクノロジーの力で
一人ひとりの潜在能力を活かせる
転職市場を作りたい。

執行役員柘植 悠太

執行役員 柘植 悠太 執行役員 柘植 悠太

はたらく人たちの多くが「前向きにはたらけていない」実態を知った

学生にはよくあることだと思いますが、就職活動をしていた頃、私は自分の特性や自分に合った会社がどこなのかがわからずにいました。「はたらく」とは何か。「プロフェッショナル」とは何か。自問自答しながら、数多くの企業を受けました。そんな中、「あらゆる業界の仕事を知ることで、自身の適職がわかるかも」と思い人材業界に進むことを決めたのです。新卒で旧インテリジェンス(現パーソルキャリア)に就職しました。ただ、個人的には、いわば「就職活動の延長」みたいな意識で、将来的には転職も視野に入れつつ、はたらいていました。

ところがインテリジェンスに入ってすぐに、人材ビジネスの仕事の“奥深さ”を知ることになります。関西の法人営業の担当になったときに、多彩な職種、知らなかった会社、さまざまなこだわりを持つ人たち、そして知的財産等の取り扱いなどを学び、仕事の多様さと求められるスキルや知見の高さに面食らったのです。現場を回りながら一つ一つ教わっていくうちに、仕事が楽しくなっていきました。営業で会社から会社へと渡り歩くと、世の中が見えてくる感じがしました。

一方で、はたらく人たちが直面している現況を知ることにもなりました。私が想像していた以上に、多くの人々が前向きにはたらけていなかったのです。転職理由も、「職場環境が悪い」「給与が安い」「上司が合わない」といったネガティブな理由になりがちでした。人生の多くの時間は仕事に費やされます。多大な時間を苦しみながら過ごすのは大変です。何かできないか、と真剣に考え始めました。

リーマン・ショック時に会社に恩返しを

そんな折、リーマン・ショックが起こります。当社の業績も傾きました。入社以来、わりと自由にはたらかせてもらっていた自分でしたが、このときは真剣に「会社に恩返しがしたい」と思いました。「ここまで会社に活かしてもらい、やりたい放題させてもらってきたのだから、会社のためにはたらこう」と、奮起のスイッチを入れました。

私の仕事は営業ですから、まずは売上を戻すことが肝になります。当時、私はマネージャー職に就いていたので、部下をマネジメントしつつ、皆がキャリアオーナーシップをとれているかに目配りしました。特に大事にしたのが、忙しさによってメンバー各人が本来やりたいことができなくなってしまわないかという点です。それは、私自身が、やりたいことをやらせてもらってきたからこそ、こだわったところです。1on1のミーティングを行い、頻繁に意見交換をしました。ときには「なぜ、この会社に入ったのか」といった根本的な目的意識を確認することもありました。

 最終的に、チームとして価値観をしっかり共有でき、個々人が伸び伸び力を発揮した結果、全国No.1の成果で会社に貢献することができました。

執行役員 柘植 悠太

皆がキャリアオーナーシップをとれる時代にしたい

2018年、当社ミッションを策定する打ち合わせに参加したときのことです。私は、「自分らしく仕事ができる環境を作ること」「自分の個性が活かせる職場にすること」を重視し、自分の意見を述べていきました。それは、自分自身が、また社員一人ひとりが、自分らしさを発揮し、活き活きと仕事をする姿を見てきたからです。ですので、ミッションが「人々に『はたらく』を自分のものにする力を」に決まったとき、私は「これなら世の中に価値あるものを提供できる」と感じました。

世間では、キャリアオーナーシップがとれない人がまだまだ多数派です。高卒の友人、貧困に悩む知人、さまざまな人が、年齢、性別、学歴ゆえに「はたらく」の壁に直面していました。能力の高い友人が学歴の壁で才能を活かせないでいる実態も見てきました。「どうせ、私にはこれといったスキルもないから……」等と自己卑下している友にも、実は仕事の選択肢はあったりします。それを知ることができれば、彼らは再び挑戦できる。こうした人たちが、市場で再挑戦できる環境になることを願っています。

テクノロジーでより最適な転職市場を作る

これからは、そういった機会損失を減らすために、ITやデータ、さまざまな技術、ノウハウがより活用できる時代です。それらを駆使して、事業開発やテクノロジー施策をどんどん打っていきたい。

テクノロジーを使えば、たとえば自身の市場価値を客観的に知ることができるツールだって作れます。個人ではわかりにくく、一つの企業内でも判別しにくい個人の評価が、マーケットに出た瞬間、大いに評価される、ということはよくあります。転職希望者の市場における立ち位置、強み、弱み、価値がわかれば、仕事とのマッチングだってスムーズです。一人ひとりの能力が可視化されないがゆえに、転職を諦めそうになっている私の友人や、世の多くのはたらく方々のために、私は、人材がうまく活用しきれていない現況を打破し、テクノロジーによって市場への新たなアプローチを続けていきます。

執行役員 柘植 悠太

関連情報