総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、「企業で働く社員のリアルな声が知りたい」という転職希望者のニーズに応えるため、2021年4月23日(金)から、「doda」サイトの求人広告に口コミ掲載を開始します。口コミは、株式会社ライボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小谷 匠)が運営する、キャリアや就職・転職に特化した匿名相談サービス「JobQ(ジョブキュー)」に掲載されているものに加え、求人企業で働く現役社員の声も掲載します。

■背景
① 転職希望者は、自身の意思決定に「現場の生の声」を求めている
新型コロナウイルスは、人々の働き方や「はたらく」に対する価値観に大きな影響を与えました。これにより、転職を検討する人は増加傾向にあり、2021年3月の「doda」の新規登録者数は前年同月比112%と大幅に伸びています。登録者からの相談内容をコロナ前後で比較すると、転職活動を前提としたものよりも、企業の情報や自身のキャリアの可能性に関するものが増加傾向にあります。

また「doda」では、2020年10月に転職活動中のユーザーに対して、求人広告を見て、応募の意思決定に役立った情報は何かを尋ねたところ、約8割のユーザーが「口コミ」と回答しました。その理由として、業務内容や職場の雰囲気、風通しのよさについて、現場の社員がどのように感じているかが分かり、企業で具体的に働くイメージが持ちやすいことなどが挙げられています。

② コロナ後の転職理由 が 「スキルアップ」などに変化
「doda」 が行った調査 「転職理由トップ10 」 では 、 2020年 4月の新型コロナ緊急事態宣言前後で、転職理由は人間関係や働く環境 から、スキルアップなどの個人的かつ将来を見据えた理由 にシフトしていることが分かっています。
ホーム ペ ージや 採用ページ、求人広告に掲載されている、企業が発信したい情報だけでなく 、「転職先でスキルアップできるのか」 や 「どのようなスキルが身につくのか」 など、自らの目指す「はたらく」を実現するために 、企業のリアルな現状を知っている人からの生の情報が求められているのです。
※:https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/research/2021/20210322_03/ 

「企業で働く社員のリアルな声が知りたい」に応えたい
転職希望者のこうしたニーズに応えるため、「doda」は求人広告に、口コミを掲載いたします。これにより、転職希望者の「より納得感のある意思決定」をサポートするだけでなく、入社後のミスマッチによる離職を防止する一助となるサービスを目指します。

■「doda」について< https://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。