組織と事業が成長していくための
「土壌」をつくる

コーポレート本部 本部長

木下 学

コーポレート本部は、各事業の成長を支援するミドルオフィス機能と、会社全体の経営の中枢からスムーズな企業活動を支援するバックオフィス機能を担う部門です。

  • 木下 学
  • グループビジョンの実現に向けた「強い事業」の創出を支援

    パーソルキャリアに社名が変わり、名実ともにパーソルグループの一体化がこれから加速していきます。グループが掲げる「人と組織の成長創造インフラへ」というビジョンの実現に向けて、既存のビジネスのみならず、新しいサービスを含め「強い事業」をつくっていくためのサポートをすることが、コーポレート本部には求められています。そのためには、事業部とのパートナーシップをより強固にしていく必要があります。

    さらに、パーソルキャリアの事業と事業の間、グループの会社と会社の間をスムーズにつなぎ、顧客から信頼いただける会社・グループにしていくことも、私たちに課せられた大きなミッションの一つです。

  • 木下 学
  • イノベーションや改善が現場から生まれる組織に

    現場で顧客と向き合う人たちが主役であり、コーポレート本部は主役を後方から支える、歌舞伎で言えば黒子、縁の下の力持ちであるような存在であるというスタンスです。もちろん、新しいサービスを生み出すための全社的な取り組みを企画したり、事業と事業の間をつなぐ施策に、私たちが直接関わっていくケースも発生するでしょう。

    ただ、私たちの目指すところは、事業部のメンバーからボトムアップで大小さまざまなイノベーションが生まれたり、ほかの事業部やグループ会社と現場レベルで有機的につながっていくような「土壌」をつくることにあります。課題解決や改善につながる発想やアイデアは、日々、顧客と接する現場でこそ生まれると考えるからです。

  • 木下 学
  • 「はたらいて、笑おう。」を私たち自身も体現する

    コーポレート本部は、事業企画、事業人事、営業企画といった各事業の成長を支援するミドルオフィスと、経営管理といわれる、経営企画、総務、経理、人事、広報、法務などのバックオフィスによって構成されています。

    パーソルキャリアになり、グループにおける役割と事業ドメインが改めて定義されたことで、コーポレート本部も組織を再構築している最中です。

    コーポレート本部内の各部門のコア人材となるプロフェッショナルから、日々の会社運営のオペレーションを担うメンバーまで、それぞれが担う仕事はすべて、組織と事業の成長につながっています。そのことにやりがいや楽しみを見いだし、私たち自身が「はたらいて、笑おう。」を体現することで、パーソルキャリアを社会からも社員からも好かれる会社にしていきたいと考えています。

PAGETOP