潜在的なニーズを汲み取り、
「はたらく」の未来をつくる

執行役員
マーケティング本部 本部長

村澤 典知

マーケティング本部は、各サービスブランドの戦略策定や新規サービスの創出を行っています。

  • 村澤 典知
  • サービスの垣根を超えた
    マーケティングを実施

    今までパーソルキャリアでは、「doda」、「iX」、「i-common」、「エグゼクティブエージェント」、「BRS(Bilingual Recruitment Solutions)」などのサービスブランドごとに個別のマーケティングを展開してきましたが、このたび各事業部に存在していたマーケティング機能を集約し、マーケティング本部が発足しました。

    マーケティングの役割とは、はたらく人たちのニーズを汲み取り、解決へと導いていくことです。パーソルキャリアが「人と企業の成長創造インフラ」としてはたらく人たちの成長を支えていく上で、マーケティングは非常に重要な役割を担います。

    私たちははたらく人たちのニーズを把握し、新たなサービスを創出するハブ役になるとともに、そこで生まれたサービスを個人に伝え、理解・共感してもらえる関係構築に努めていきます。

  • 村澤 典知
  • すべてのサービスは
    共通のミッションのもとにある

    パーソルキャリアは既存のサービスだけでなく、新しいサービスの創出にも積極的に挑戦しています。これからも「はたらく」にまつわる多様なサービスが生まれていきますが、マーケティング本部はすべてのサービスが共通したミッションのもとに展開されていることを広告展開やユーザーコミュニケーションによって伝えていきます。

    はたらく人たちは、人生のステージが変わるごとにご利用いただくサービスも変わっていきます。サービスごとの瞬間の支援では、本当に「はたらく」を支えることはできません。私たちはパーソルキャリアが展開するすべてのサービスブランドを対象に広告展開やユーザーコミュニケーションを実施することで、ライフステージの変化をまたいではたらく人たちの成長を支えていきたいと考えています。

  • 村澤 典知
  • 豊富なデータを分析し、
    先行して課題を見出す

    パーソルキャリアには、多くのはたらく個人と法人のお客さまに直接接しながら事業を続けてきた歴史があります。独自のデータを豊富に持ち、はたらく人のニーズに沿ったマーケティングを実施できるのは私たちの強みです。さらに、マーケティング本部内には多くのデータサイエンティストが在籍し、多種多様なデータを分析しながら、顕在化しているニーズだけでなく、将来浮かび上がってくる潜在的なニーズの把握にも取り組んでいます。

    私たちは、「他社がやっているからやる」のではなく、自分たちが先行して課題を見出し、解決に導いていきたいと考えています。まだ誰も気づいていないインサイトをつかみ、強い意思を持ちながら価値を提供すれば、自分たちの手で「はたらく」の未来をつくっていけると信じています。

PAGETOP