「理」と「情」をもって
戦略の策定から具現化までを担う

経営戦略本部 本部長

村澤 典知

経営戦略本部は、各事業の成長を支援するミドルオフィス機能と、それら事業部を連携して全社最適を図り、中長期にわたる会社の価値向上を担う部門です。

  • 村澤 典知
  • 経営課題が、日本の社会課題にダイレクトにつながる

    もともと天然資源が少なく、これから人口が減少していく日本にとって、経済成長の鍵となるのは「人」です。

    小売業を営む企業が新規出店計画を立てても、店舗を運営できる「人」がいないばかりに計画が頓挫する。「ビッグデータを事業に活かす」と謳っても、データを解析できる「人」を確保できずデータの利活用が進まない。人材ビジネスの現場で、私たちはそうした事例に日々直面しています。

    一方で、「はたらきたいのに、いい仕事に出合えない」「本来持っている能力が十分に発揮できない」という人がいる状況を、私はシンプルに「もったいない」と思います。

  • 村澤 典知
  • 経営戦略本部に課せられた
    3つのミッション

    これら「はたらく」を取り巻く企業の問題、個人の問題を解決していこうとする私たち自身の経営は、日本の大きな社会課題の解決に直結していくものです。

    パーソルグループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」の実現に向けて、経営戦略本部に課せられたミッションは3つあります。1つは、事業部それぞれの成長を支援すること。2つ目は、事業を横断した全社最適経営を図ること。そして3つ目が、中長期視点での経営の推進です。

    既存の各事業を、事業計画、営業企画、マーケティング、データ分析、ITなどの側面から支援し、われわれが提供する付加価値を着実に高めること。事業部単位での主体的な成長を重視していく中で十分にできていなかった事業部間での連携を促進し、事業部間のシナジーが最大化された全社最適の組織をつくること。それと同時に、これまで行って来たビジネスの延長線上にない“非連続な”未来ビジョンを描き、戦略を構想し、新規事業・サービスを創り上げていくこと。これらが経営戦略本部の役目です。

  • 村澤 典知
  • 中長期的な視点で、
    ビジョンを構想し具現化する

    誤解を恐れずにいうと、これまで人材業界はどちらかというと営業ドリブンで、短期的な業績向上に重きを置いてきた部分があります。そのおかげで市場が急成長した側面はありながらも、新しいビジネスモデルの創造など置き去りにしてきたものがあることは否めません。

    人材ビジネスを取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。日本社会における人材サービスのプレゼンスが高まり、その価値が見直される今こそ、経営に中長期的な視点を持ち込む必要があります。

    ロジカルに戦略を組み立てて意思決定する「理」の部分と、「人」の課題解決に対する思い入れ、「情」の部分をバランスよく使い分けながら、あらゆる産業が育つ上でベースとなる「人」の問題を解決し、日本の成長に大きなインパクトをもって貢献できる組織へ変革していきたい。そのように考えています。

PAGETOP