個人と企業の
「はたらく、明日を、らしくする」

取締役執行役員
Works事業部 事業部長

瀬野尾 裕

Works事業部では、「an」「LINEバイト」といったメディアを通じて、アルバイト・パートを中心とする有期雇用領域の採用・就業の支援事業を行っています。

  • 瀬野尾 裕
  • 多様な企業の経営課題に向き合う仕事

    現在、企業のアルバイト・パートのニーズは増加の一途をたどり、有期雇用での労働力確保が非常に難しくなっています。また、アルバイト・パート社員の経営における重要度も、年々高まっています。人材が足らず、企業によっては出店計画の実行や、営業時間の維持にも影響するほどです。

    そのような課題を抱える企業が必要な労働力を確保し、滞りなく事業運営できるよう、求人のお手伝いだけでなく採用戦略やプロセスまで踏み込んでサポートしていくことが、私たちの仕事のうち大きなものの一つです。

  • 瀬野尾 裕
  • 個人が「らしく」はたらける機会を創出

    一方、個人のはたらき方も多様化が進んでおり、アルバイト・パートというはたらき方は、もはや学生や主婦だけのものではなくなりました。

    これからは、フルタイムではたらいていた人が勉強のために一定期間パートタイムではたらくことを選んだり、同時期に複数企業の仕事をしたりと、人生のさまざまなステージに応じて自分の能力や時間をうまく活用する手段として、パートタイムというはたらき方が広がっていくことでしょう。

    このような変化の中、私たちがすべきことは、さまざまなニーズに応じたはたらき方・はたらく機会の選択肢を増やすことです。企業と個人、それぞれのニーズをマッチングさせ、双方が「はたらく」を通じて「らしく」あれる社会の実現を目指しています。

  • 瀬野尾 裕
  • 現場のレベルから社会課題に挑む

    はたらき方の選択肢を増やす上で、無期雇用、いわゆる正社員と、有期雇用のアルバイト・パートには必要以上の待遇差があることは、一つの大きな課題だと認識しています。

    たとえば、飲食店などではアルバイトスタッフの接客が、直接的に売り上げを向上させることもあるでしょう。オペレーションのスピードが速く生産性の高いパート社員は、コストを抑えて利益を生み出します。業績への貢献度は、雇用形態の別とは関係ありません。

    提供した価値に対して、雇用形態による区別なく給与・待遇で報いられる世の中が、健全な社会だと考えています。そのためには、国や同業各社、顧客である企業とも連携し、できることから着実に変えていくことが必要です。

    多様な個人、多様な企業の課題に向き合うことが、大きな社会課題の解決につながっていることを実感できるのが、Works事業部の面白さだと考えています。

PAGETOP