多様性にあふれる一人ひとりの
個性を引き出し、
「“はたらく”を自分のものにする」
組織作りへ

人事本部長

神田 充教

採用、組織開発、制度企画など、経営・事業のビジョン実現に向けた戦略人事全般に携わる部門の責任者からのメッセージです。

  • 神田 充教
  • 一人ひとりの持つ可能性を信じ、
    最大限に引き出す

    パーソルキャリアは、2019年10月に新しいミッション -人々に「はたらく」を自分のものにする力を- を掲げました。このミッションには、“その人らしい「はたらく」は、自らの意志と行動でつくることができる” 私たちは、一人ひとりが持つ可能性を誰よりも信じていますーーーとあるように、自分らしく働くことが、パーソルグループのビジョンである「はたらいて、笑おう。」につながると思っています。

    ミッションの実現に向けて、パーソルキャリア内でも、社員一人ひとりの可能性を信じ、それを最大限に引き出すことが人事本部として一番大切なことだと考えています。
    そのために弊社では、一人ひとりをより理解するために、人の良いところに目を向け、その人の「のびしろ」をいかに引き出すか、ということを大切にしています。

  • 神田 充教
  • サステイナブルに働くことのできる
    機会と環境をつくりだす

    今や人生100年時代と言われ、企業の寿命よりも個人が人生の中で働く時間の方が長くなっています。これは世の中の流れとしても、終身雇用の働き方ではなく、「一人ひとりがキャリアオーナーシップをもって、自らの意志と行動で作っていく」という意識が、どんどん高まっていると感じています。

    とはいえ、長い人生にはさまざまなライフイベントがあり、予期しない出来事もあります。だからこそ、どんな状況においても働き続けられるような、サステイナブルな働き方を提供していかなければならないと考えています。
    そして、それを可能にするためには、一人ひとりの属性・価値観・能力の多様性を理解した上で、個々の可能性を引き出し、最大限に輝くことができる機会と環境をつくりだすことが求められます。

    パーソルキャリアでは、サステイナブルな働き方の実現のため、Diversity, Inclusion & Equalityの考え方に基づき、現在、フレックス、リモートワーク、複業制度などを実施しています。今後もさまざまな働き方のニーズに合った環境、制度づくりを積極的に進めていきます。

  • 神田 充教
  • ビジョン・ミッションの実現、
    “はたらく”を創る

    パーソルキャリアには、ミッションを実現するために私たちが大切にする価値観=バリューがあります。それは「“はたらく課題”と“ビジネス”をつなげてとらえ、自分ゴトとしてその解決プロセスを楽しむ」こと。
    実際に、パーソルキャリアで働くメンバーと話をしていて感じるのは「社会のために自分はこういうことをやっていきたい」という考え方をする人が多いということです。例えば、目の前のお客さまに100%満足いただくのはもちろんのこと、「目の前のお客さまの課題を解決することによって社会がどう良くなるか」と、さらに先のことまで意味づけて考え、行動している人がとても多い。
    同時に、キャリアオーナーシップ、つまり自分のキャリアをしっかりと主体的に考える、"はたらく"を自分のものにしようとしている人が多いと感じます。これは、バリューが共有され、共感を呼ぶことで、メンバーに浸透しているからだと思っています。

    パーソルキャリアの研修制度は、ミッション実現のためのバリューがあり、バリューを体現する人があふれるような会社にするためにあります。例えば「キャリアチャレンジ制度」や、新規事業開発プログラム「Drit(ドリット)」は、”はたらく”を自分のものにするための具体的なサポートとして活用されています。人事部として、ミッション・バリューに沿った能力開発・研修制度を常に模索し、実現するための制度のマッピングがさらに重要になっていくと考えます。

    自分の”はたらく”は自分で決める。すべての”はたらく”が、笑顔につながる社会。
    パーソルキャリアのビジョン、ミッションに強く共感していただけるかた、そういった社会を実現したいと強く思う方、一緒に“新しいはたらく”を創りましょう。

PAGETOP