INTERVIEW #03

挑戦しつづけドラスティックに 事業を変えていくチーム

2015年入社

吉元 裕人HIROHITO YOSHIMOTO

Innovation Lab. MIIDAS COMPANY

1つのサービスに 全力で取り組みたかった

自作でPCを作るのが趣味だった父親の影響で、幼い頃からコンピュータに囲まれる生活を送っていました。ちょうど学生時代にTwitterやmixiが始まったこともあって、インターネットにのめり込み、就職先を決められないまま大学を卒業したのですが、その後知人からの紹介でWeb制作会社・技術ベンチャーでアルバイトとして本格的にプログラミングを学び、エンジニアになりました。

前職の制作会社は小さかったので、さまざまなプロジェクトを掛け持ちし、サーバーサイド・インフラ・フロントエンド・サービスエンジニアなど幅広く担当していました。しかし、「1つのサービスに全力で取り組みたい」「技術的なチャレンジをしたい」という思いから転職を決意し、当時GoやHack/HHVMなど、新しい技術での開発を推進していたパーソルキャリア株式会社(旧社名:株式会社インテリジェンス)に入社しました。Innovation Lab.(イノベーションラボ)のMIIDAS COMPANY(ミーダスカンパニー)というチームに所属し、入社時には転職サービス「MIIDAS」の成長を加速させるためサーバーサイドエンジニアとしてサービスの機能の開発を行っていました。2016年からはインフラエンジニアとしてサーバーの管理や、ChatOpsなどで開発効率を高める取り組みを行っています。

インフラエンジニアとしてサーバーの管理や、ChatOpsなどで開発効率を高める取り組み行う吉元

画面を見ながら仕様を相談

攻めの姿勢で、MIIDASの サービス価値を高める

MIIDASはとても風通しが良い集団です。チーム内でも遊び心を大事にしていて、メンバー間をニックネームで呼び合ったり、サービス監視で出力されるエラーメッセージをかわいい喋り口調のものにしたり、楽しくものづくりをしています。また、社内でも業界内でも後発のサービスなので、新しい価値を生み出していくという視点をメンバー全員が常に持っています。根本的なビジネスモデルの転換、斬新なキャンペーンや他社との連携など、既存の発想に囚われないサービスを作っています。その結果、事業が通期黒字になっているなど、実績も上がっています。守りではなく、納得いくまでやり抜き、状況の変化に柔軟に対処するような攻めの姿勢を全員が持っていることが、このチームがうまくいっている秘訣なのかなと思っています。今後は、MIIDASの機能をより強化して、MIIDASを最も選ばれる素晴らしいサービスにしていきたいです。

パーソルキャリアは、既存のサービスを保守・運営するプロジェクトと、新規プロジェクトが継続して開発されています。職場も、朝10時出社だったり、服装も自由だったり、作業中のイヤホン着用がOKだったりとエンジニアにとって働きやすい環境だと思います。好奇心が強く、発想が人とちょっと違う方なら、きっと毎日が面白くなる場所だと思いますよ。

Smile for Edge.

エンジニアにとって働きやすい環境だと語る吉元

採用エントリー ENTRY

あなたの熱意ある応募を
お待ちしています。

ENTRY

Let's Challenge and Smile