顧客の人生の岐路に立ち会うことの重みと
そこに価値を提供できる喜び

人材紹介事業部
転職支援本部
キャリアアドバイザー

上杉 真由

キャリアアドバイザー(CA)として、転職を希望される方に対し、キャリアカウンセリングを通じてキャリアプランのお手伝いと転職活動の支援をしています。

  • 上杉真由
  • 導き出した成果は誰の価値なのか?
    「ありがとう」の重みに疑問を感じていた

    前職は大手IT企業で、法人向けにハードウェアの営業をしていました。6年ほど在籍したなかで、最初は中小企業の顧客を担当していましたが、経験を積むにつれて、製造業、大手金融機関へと顧客の規模がどんどん大きくなっていきました。

    製品を導入するプロジェクトは、大規模なものだと関係者が何十人〜何百人という単位になります。仕事を完遂して顧客に喜んでいただいたり、「ありがとう」と言っていただくことに営業としてのやりがいを感じていた一方で、プロジェクトの規模が大きくなるごとに、成果のなかで自分が導き出したものはどれほどなのかという疑問が大きくなっていきました。

    自分の仕事の全部が、そのまま顧客に提供する価値になるような仕事をしたい。そう考えて転職活動に踏み切り、パーソルキャリアへ転職しました。

  • 上杉真由
  • 法人営業から個人向けのサービス業へ
    自分のやったことが提供する価値のすべて

    入社以来、IT系エンジニアの方の転職支援を担当しています。SIやWebサービスのITエンジニアや、ITコンサルタント、事業会社の情報システム部門の方などが主な顧客です。私自身がIT業界にいたため、業界の構造や各プレーヤーの役割を理解しているので、キャリアカウンセリングで話をさせていただくのに役立っています。

    実際にこの仕事をやってみて思ったのは、私の仕事がすべて、そのまま顧客に提供するサービスになるということ。前職ではほかの誰かがつくった製品を扱っていましたが、今はサービスそのものを自分自身がつくり出していることを実感します。

    前職でも「ありがとう」という言葉を何度もいただいたけれども、キャリアアドバイザーとして顧客からいただく「ありがとう」は、間違いなく自分に対しての言葉だなと素直に思うことができます。

  • 上杉真由
  • 転職は「過去」と「未来」をつなぐ第一歩
    長期的視点でキャリアを提案する

    これだけWeb上に求人があふれている時代に、自分で求人を探すのは難しいことではないはずです。それでも私たちに相談してくださるのはなぜなのか。それは、情報があふれているからこそ、何を軸にキャリアの選択肢を選べばよいのか分からないということなのではないかと考えています。

    私自身がキャリアアドバイザーとして大事にしていることは、転職希望者の方がこれまで積み上げてきたご経験(過去)と、5年、10年先の将来ビジョン(未来)を考慮した上で、今この転職を、過去と未来をつなぐ第一歩になるようなキャリアの選択をしていただくことです。

    自分一人で転職活動をしていると、「今の仕事・職場での問題が解決できさえすればいい」という目先の視点になりがちです。でも、転職後も長いキャリアの人生は続いていきます。そのような「自分一人では気づきにくいこと」に、第三者の視点から、長期的視点でキャリア提案ができることが、私たちキャリアアドバイザーという「人」が介在する価値だと思っています。

PAGETOP