顧客視点で「腹の底から」
楽しめる企画に、
とことんこだわる

転職メディア事業部 
マーケティング企画統括部
ブランドコミュニケーション部 
PRグループ

堀越 麻友美

「doda」のリブランディングに紐づくPR施策のプロジェクトマネジャー、スポーツ業界への転職をサポートするメディア 「SPORT LIGHT(スポーツライト)」の企画・運営、SNS運用を行っています。

  •  
  • 自社サービスの企画や
    宣伝に興味があり、入社

    新卒ではラジオ番組制作プロダクションに入社し、ラジオCMのADをしていました。次に芸能プロダクションの興行営業を経て、Webプロモーションの企画立案、SNSに特化したWebプロモーションのディレクターを経験。その後、事業会社で自社サービスの企画・宣伝に携わりたいと考え、パーソルキャリアに転職しました。

    パーソルキャリアには「堅い」イメージがありました。しかし面接で会う人は、皆楽しい人ばかり。企業として堅い印象は変わりませんが、「この人たちとなら、堅苦しくない仕事ができそう」と感じ、入社を決めました。

  •  
  • パーソルキャリアとして
    「初」の企画を、続々と生み出す

    入社後は「an」宣伝部に配属。ここで経験した大きな仕事は、「an まかないフェス」のプロジェクトマネジャーです。これは飲食店の“まかない飯”にテーマを絞った野外グルメフェスで、前例のない新しい企画でした。 2016年に開催した第1回は、東京で6万4000人を動員。翌年の第2回は、東京・名古屋・大阪の3ヵ所で開催し、18万人のお客様にご来場いただきました。かつてない予算規模のイベントでしたが、社内・社外さまざまな人の協力で成功。第1回の広告換算価値は、当時の社内最高記録を塗り替えました。

    その後、2018年4月に「doda」のPRグループに異動。「doda」リブランディングに伴う一連のPR施策のプロジェクトマネジャーを担当しています。まずは9月に転職イメージをポジティブにするための調査リリースを実施。調査結果はニュース番組で取り上げられるなど、まずまずの成果を上げられました。次は10月、CM放映にあたりタレントさんを招いたCM発表会を実施。これが大成功し、広告換算価値は「まかないフェス」で打ち立てた最高記録を更新しました。その後、11月には「いい夫婦の日」と「勤労感謝の日」を掛けて、夫婦がお互いの仕事を体験するイベントを開催。その後も、いろいろな施策を段階的に打ち出しています。従来にない初の施策を自由に企画、提案し、実行できる裁量の大きさを実感しています。

    最近は、スポーツ業界への転職をサポートするメディア「SPORT LIGHT(スポーツライト)」も立ち上げました。プロレスが大好きなので、公私混同しつつ(笑)、仕事を通じて好きなことにも貢献していきたいです。

  •  
  • “圧倒的な”想いと行動力があれば、
    実現できないことはない

    仕事をする上で、大切にしていることは2つ。1つ目は、「自分の企画を自分がお客様として見た時、腹の底から楽しめるかどうか」。企画成功のために必要なのは、全力を注ぐこと。しかし、自分が楽しいと思えない企画には全力は注げません。だから、まずは自分が自分の企画を全力で楽しむ。“圧倒的な”想いと行動力があれば、できないことはないはずです。

    2つ目は、「プロジェクトメンバーが楽しく働ける環境をつくること」。これは、「まかないフェス」で学びました。私は、もともと人を信用できないタイプ。手を抜く人や、思いやりを持てない人を許せず、周囲に敵を作ってばかりでした。それに「まかないフェス」はこれまで経験した仕事の中でも規模が桁違いに大きい。クオリティにこだわるがゆえに、周囲ととことんぶつかりました。しかし、企画成功のために本気で付いてきてくれる社内外のプロジェクトメンバーと、私の想いを汲んでサポートしてくれる上司に恵まれ、初めて「仲間」ができました。いつかまた、お世話になった人達と全国規模のイベントをしたいなと思っています。

    ※社員の所属組織は2018年12月時点のものになります。

PAGETOP