法人顧客の“人”に関わる課題を
多様なソリューションで解決し、
事業成長を支援する

人材紹介事業部 採用支援統括部RAIT・NET部
リクルーティングアドバイザー
グループリーダー

松﨑 美香

リクルーティングアドバイザーとして、法人顧客の中途採用支援を通じ、人事や経営に関わる課題の解決を行っています。

  •  
  • 一度離れて、
    改めて実感した人材ビジネスの魅力

    新卒で入社した人材派遣会社で法人営業として経験を積んだのち、Web広告・プロモーション会社の営業職に転職しました。
    このとき、人材サービス業界から離れたことで、改めてこの業界の魅力を再確認しました。法人・個人・人材サービス会社の3者がWIN-WIN-WINの関係となる、幸せなビジネスモデルであること。また、2社目では人材不足が原因で担当プロジェクトが立ち消えとなるという経験をし、事業成長における人材の重要性を痛感。そこで、人材サービス業界に戻ることを決意しました。

    次の転職を最後にしたいと考え、環境面も重視しました。パーソルキャリアは社内公募制度がしっかりと運用されていたり、出産後も復職して活躍している女性が多いなど、社員がキャリアのオーナーシップを持てる制度・風土があると感じ、入社を決めました。

  •  
  • パーソルグループの豊富な商材で、
    顧客の人材に関わる
    さまざまな課題解決を目指す

    入社後は、人材紹介事業部のリクルーティングアドバイザー(法人営業)として、IT・インターネット業界のお客さまの中途採用支援を行っています。人材の採用は、企業の事業戦略に基づいて行われるものです。私たちは、お客さまの事業戦略を支え、成長を支援する存在です。実際に、お客さま先の経営会議に参加し、採用戦略の立案から携わっているメンバーもいます。人材サービス業界大手だからこそ、お客さまからの期待の大きさも実感しています。
    私が担当しているお客さまも、従来は顧客との関係性構築を重視する営業スタイルで成果を上げていたのですが、このままでは、新たに台頭してきた競合に勝てなくなるという危機感をお持ちでした。そこで、営業職のペルソナを再設計。営業経験者だけではなく、事業企画やマーケティングなど企画職の経験者も積極的に採用することにしました。さらに、企画職経験者から一緒に働きたいと思ってもらえるよう、求人内容に情報を追加し、面接の方法を変更しました。結果、徐々に企画職経験者の入社が増加しています。会社の今後を本気で考えているお客さまと、意見を出し合いながら施策を設計し、実行していくことは、プレッシャーではありますがとても楽しく、やりがいを感じています。

    また、人事に関わる課題が複雑化する中、単一商材ではお客さまの課題解決と事業成長に貢献することは困難です。その点パーソルグループには、採用から人材の定着まで、人事に関わるさまざまな課題に対応できる豊富な商材があります。リクルーティングアドバイザーはお客さまの課題に合わせてグループの垣根を越えてプロジェクトを組成し、お客さまの採用課題の解決と事業成長に貢献していきます。課題に合致する商材がなければ、新たに企画することも可能です。

  •  
  • 売上至上主義ではなく、
    お客さま至上主義

    入社して驚いたのは、当社はお客さまに対する価値提供の意識が強く、あらゆる場面で「お客さま」を主語に話をします。営業には売上など「数字」がつきものですが、それゆえに社内で交わされる会話が、「今日はいくら売り上げるの?」など、数字一辺倒になる会社もあると思います。しかし当社では、「お客さまの課題はどこにあり、そのために何をするのか」と、お客さまを中心に置いた会話が圧倒的に多いです。お客さまを知り、お客さまのためになる提案をし、共に前進していく。この姿勢が社内に浸透しているからこそでしょう。

    現在、グループリーダーとしてマネジメントも任されています。企業の人材パートナーである私たちは、「日本経済の活性化を支援する」存在だと思っています。大きなミッションをグループのメンバーとも共有しながら、今後もお客さまの事業成長を支えていきたいです。

    ※社員の所属組織は2018年12月時点のものになります。

PAGETOP