新規事業開発を通じて
人材の雇用・採用に関わる
課題の解決に挑む

Innovation Lab.
プロデューサー

藤澤 専之介

Innovation Lab.で「はたらく」にまつわる領域の課題を解決する、新しいサービスを開発しています。

  • 藤澤 専之介
  • 自分でビジネスをつくりたい思いが
    人材サービスにたどり着いた

    昔から、自分でビジネスをつくりたいという願望がありました。自分がはたらく目的を考えてみると、「社会にまだない価値を生み出せた時」こそが、いちばん面白いだろうと考えたからです。

    新卒時は、化学繊維メーカーに入社。経理を3年経験し、社会人としての基礎は身についたと思えた頃、転職活動を始めました。事業の立ち上げ期を経験したいと考え、創業間もない会社に的を絞って転職先を探したところ、見つかったのが人材紹介を事業とするベンチャー。私を入れても社員は3人という会社に転職しました。

    人材サービス業の面白さは十分に感じていたものの、ノウハウも会社としての信用もないところから事業を拡大していくのは、当たり前ですが簡単ではなかった。一度、人材紹介のトッププレイヤーの仕事を見てみたいと思い、パーソルキャリアへと転職しました。

  • 藤澤 専之介
  • 社内の有志でチームをつくり
    新しいビジネスを起案

    入社後は、金融業界のリクルーティングアドバイザー(RA)を2年ほど、その後IT・Web領域のRAを経験しました。パーソルキャリアの社員というだけで一定の信頼を置いていただき、転職間もない自分の話しにも耳を傾けていただけるのがありがたかったですね。日々、顧客の期待にお応えしているうちに、採用戦略や採用以外の人事課題についてもご相談いただけるようになり、人材サービスの面白さと深みを知りました。

    ただ、自分でビジネスをつくりたい思いはずっと消えていなかったんですね。ある時、社内の有志4人で集まって、社内の新規事業コンテスト「0 to 1」に応募することになりました。プレゼンの結果、私たちの案の事業化が決まり、今はそれを実現するためにInnovation Lab.に異動しました。

    立ち上げようとしている新サービスは、アルバイトスタッフの定着支援を目的とするサービスです。アルバイトの採用が非常に難しくなっている今、すでにはたらいているスタッフが辞めないようにすることが、採用と同じくらい重要な課題になっています。そのために有効なWebサービスをつくり、世に問いたいと思っています。

  • 藤澤 専之介
  • 社内ベンチャーだけれど
    ワーク・ライフバランスを大事にできる

    2014年に子どもが生まれました。その子が1歳になり、パートナーも育児休業を終えて職場復帰した頃から、私も仕事のやり方を大きく変えました。それまでは、毎日残業していたのですが、少なくとも週に1度は定時で帰ると決め、保育園の送り迎えをするように。

    それからは、短い時間で高い成果を上げるために、「何をするか」だけでなく「何をしないか」を意識してはたらくようになりました。今は、週に2日は定時で仕事を終えるようにしています。

    ベンチャーとか新規事業開発と聞くと、時間を気にせずがむしゃらにはたらくイメージを持たれる方もいるかもしれません。私も今は社内ベンチャーのような立場ですが、生産性を意識して周りとも上手く連携すれば、仕事とプライベートとのバランスをとることはできることを、身をもって学んでいます。今取り組んでいる新サービスの立ち上げに全身全霊を傾けながらも、家族と過ごし子供の成長を楽しむ時間も大事にしていきたいと思っています。

PAGETOP