ITと事業との融合に向けて、
「社内SE」の枠を越えていく

転職メディア事業部
プロダクト開発統括部
転職メディアBITA部

羽生 紫織

転職メディア事業部の社内・社外向けシステムの企画・開発プロジェクト推進、業務改善を行っています

  •  
  • 事業会社で、ここまでIT戦略に力を入れている企業は珍しい

    前職はユーザ系のSIerで、基幹系システムの開発や運用保守を担当していました。入社4年ほどが経ち、より仕事の幅を広げたいと考え、転職を決意。SIerでは、どんなシステムを開発するのかある程度決まった段階から関わっていましたが、本当にそのシステムが顧客に必要なのか疑問に感じることもありました。そこで、事業に必要なシステムを企画する段階から関わっていきたいと考えたのです。

    最初は主にITコンサルティング会社に応募していましたが、パーソルキャリアの求人を知り、「事業会社では異質な存在だ」と興味を持ちました。まず、事業とITが一体となって成長していくというビジョンが示されており、企画段階からプロジェクトを推進できること。そして、ITはコスト削減の対象になりやすい中、当社はIT投資を積極的かつ継続的に行っていること。また、IT人材の育成にも力を入れており、スキルアップの機会にも恵まれそうだと感じたことです。事業会社として、ここまでIT部門が戦略と意思を持っているケースは珍しいと感じました。

  •  
  • 文字通り「事業と一体となって」実現したプロジェクト

    事業会社のIT部門の場合、その存在意義は「事業にどう貢献できるか」だと考えています。新しいシステムを作ったり、大幅に改修したりする時、関係者が多いほど摩擦は起こります。しかしそれを乗り越え、あるべきシステムの姿に持っていき、事業に良いインパクトを与えられた時、大きな喜びを感じます。

    それを実感できたのが、代理店向けの受注案件入力システムのリニューアルプロジェクトです。これは古くからあるシステムで、事業の規模が大きくなってもマンパワーでシステムの機能を補っているような状態でした。そのため、入力するスタッフの作業効率も悪く、月末には遅くまで残業が発生していたのです。その状況を改善すべく、企画を含めて1年半ほどかけてシステムを刷新。プロジェクトマネジャーとしてシステムの範疇だけではなく、システムを使用する現場スタッフへの課題ヒアリングや業務理解など、本来は事業サイドの企画部門が行うところもカバーし、関係部署を巻き込みながら、要件を詰めていきました。リリースは予定より少し遅れましたが、これまで残業続きだったスタッフが、導入した月から定時帰りができるほど、目に見えて業務改善につながっています。

  •  
  • 今後は、より企画に踏み込んでビジョンを具現化していきたい

    2014年の入社後、IT人材の層も厚くなりました。入社前に聞いた通りIT投資も活発ですし、新技術を取り入れる際には検証の予算も確保できます。また、トレンドの技術に関する勉強会や、プロジェクトマネジャーとしてのスキルのアセスメント、プロジェクトごとの振り返りの徹底など、組織としてIT人材育成には力を入れており、学ぶ機会も多くあります。

    事業に深く踏み込んでいくことについて、「一般的なシステム部門の役割を越えている」と言われることもあります。しかし、垣根を越えていけることこそが、当社で働く面白さ。人から言われた仕事だけをするよりも、意思を持って企画をしていきたいタイプの人には向いていると思います。当社の魅力は、事業に対する情熱が強く、ビジョナリーな人が多いこと。そのビジョンを具現化するために、システムの知見を活かしながら、企画をどんどん前に進めていきたいと考えています。

    ※社員の所属組織は2018年12月時点のものになります。

PAGETOP