アルバイト・パートの採用に関わる
最先端の課題に向き合う

Works事業部 MSA統括部

土井 侑翼

Works事業部のエリア営業として入社し、現在はMSA統括部で、“課題先進国”である大手企業の有期雇用領域の採用支援を担当しています。

  • 土井 侑翼
  • 自分自身がアルバイトを通じて
    はたらく楽しさや価値に気づいた

    私は、高校を中退しています。入学後すぐに始めたファーストフード店でのアルバイトが楽し過ぎたんですね(笑)。自分のやったことに対して、その場でポジティブなフィードバックが得られて、お給料までもらえる。「はたらくって、なんて素晴らしいんだ」と、高校1年の夏に退学し、そこから私のキャリアが始まりました。

    それから同じ会社でアルバイトを続け、20歳の時に正社員になりました。その会社での仕事は楽しかったのですが、15歳からずっと同じ会社に勤めてきて、自分が世の中を見る目に偏りがあるかもしれないと思うようになりました。そこで、「もう少しフラットな視点でビジネスを見られるようになりたい」と転職活動を始め、2012年1月にパーソルキャリアに転職しました。

  • 土井 侑翼
  • さまざまな経営者と出会い
    ビジネスパーソンとして視野を広げる

    転職先の選択肢は、ほかにもいくつかありました。その中でWorks事業部のエリア営業が魅力だったのは、対象とする法人顧客があらゆる業種にわたるという点でした。「ヒト・モノ・カネ」のうちの「ヒト」の部分を通じて、さまざまな企業のビジネス支援に携われることが、自分のキャリアに役立ってくると直感したのです。

    入社直後は立川オフィスに配属され、西東京を中心とするエリアの主に中小企業を対象に、「an」や「DODA」の求人広告の営業を担当しました。この時期、さまざまな経営者の方にお会いして、ビジネスパーソンとして視野が広がったと思います。

    採用支援の基本的な知識と営業職としての基礎行動を身につけた後、2014年に、大手企業を対象顧客とするMSA統括部へ異動になりました。現在は、全国に店舗を展開する大手外食チェーン数社の採用支援をしています。

  • 土井 侑翼
  • アルバイト・パートの採用に関わる
    最先端の課題に向き合う

    「MSA」は「Multi Solution for Activation」の略で、「活性化のための多様なソリューション」といった意味があります。求人広告は、さまざまなソリューションのうちの一つでしかありません。「お客様の第二人事部」として、深い顧客理解と関係構築に基づき、外部パートナーならではの価値を提供できるよう、常に柔軟な発想で課題解決を目指しています。

    例えば、私が担当する外食チェーンでは、各店舗にPCが1台もなく、求人広告からの応募メールは本社に届き、そこから各店にファクスで連絡するという非効率な状況でした。そこで私は、パーソルのグループ会社と連携し、応募受付センターの外部構築と、各店へのPC環境・採用管理システムの導入を提案。最初は首を縦に振ってもらえませんでしたが、2年間、粘り強く提案し続けた結果、投資を決断していただきました。導入時は店舗への説明会を開催するなど、実際に使う店長の立場に立った運用設計・構築をした結果、大幅なコスト削減と、より多くの採用創出につながっています。

    大手企業は、“課題先進国”。アルバイト・パートの採用に関する課題に、他社に先んじて直面しています。それらの課題に向き合って、一つ一つ解決していくことが、有期雇用領域の労働市場を変えていけると考えています。今後もパーソルグループ内の企業と有機的に連携して、顧客に提供するソリューションの幅を広げていきたいと考えています。

PAGETOP