新卒採用

インタビュー

INTERVIEW

02

リクルーティングコンサルタント 飯田 美里 転職メディア事業部
採用企画事業部 RC統括部

INTERVIEW

02

リクルーティングコンサルタント 飯田 美里 転職メディア事業部
採用企画事業部 RC統括部

顧客との数多くのやりとりから自分のスタイルを確立

私の業務では、法人顧客の採用における課題発見や解決策の提案をするところから、実際に採用成功に導くまでのサポートをします。入社から2年間くらいは、がむしゃらに仕事をしていました。当時、まだまだ経験のない私はそれでも顧客に全力で向かっていくのですが、当然、順風満帆とはなりませんでした。思うように提案の結果が出なかったときは、本当に悔しかったです。その悔しさをバネにして、諦めずに取り組んだ提案が一気に成果へとつながったときは、本当にこの仕事の面白さを感じました。そのような経験を重ね、顧客と何度も話し、時にダメと言われても提案し続けることを自分のスタイルとして確立していきました。現在は、その採用手法は適切なのか、目標の採用人数を達成するには何を改善すべきなのかなど、顧客が抱えるさまざまな課題を抽出し、その解決策を社長や役員、人事担当者に提案しています。何を提案するかはすべて自分で考えるため、採用方法だけではなく、自社の商材である「DODA」への広告出稿の提案やイベントの企画立案なども行っています。

顧客との接点を持つことで信頼を勝ち取る

この業務でやりがいを感じるのは、ご期待いただいた顧客に成果という形でお返しをできたときや、はじめてその顧客から認められ、頼られる存在になれたときです。また、そのためにはどうすればいいか、自分で考えて行動できることも楽しいと感じる瞬間です。その中で私が大切だと気づいたのが、「顧客接点量」を多く持つということです。顧客と多く接点を持つからこそ、その企業の魅力や本質的な課題、社長や採用担当者の人柄、そして社風を知ることができる。顧客のことを誰よりも知っているからこそ、納得してもらえる提案ができる。この人なら任せたい、と思ってもらえる関係性があるからこそ、発注してもらえる。掲載してからも日々顧客と伴走しているからこそ、採用決定に関わることができる。そのあとも接点をとり続けているからこそ、何か困ったことがあるとすぐに相談してもらえる。というようなサイクルが成り立っていると思っています。

期待に応えるため、
試行錯誤を繰り返す

反対に難しいと感じるのは、結果が出るか分からないなかで、どんなに厳しい条件であっても、顧客からの期待を裏切ることはできないビジネスであるということです。だからこそ面白くもあるのですが、結果を出さなければいけないというプレッシャーはあります。このプレッシャーに打ち勝つためにも、やはり顧客接点量を多くもち、コミュニケーションをとることが大事だと思っています。そうすることで、顧客の真の期待を超える成果などといった価値を提供できるようになります。

リクルーティングコンサルタント 飯田 美里 転職メディア事業部
採用企画事業部 RC統括部

入社当時 2013年明るく、素直に、前向きに!

入社当時は、元気に挨拶する、チームの雰囲気を良くするために明るく前向きな発信をする、下から先輩を突き上げる……などを自主的にできることが重要だと思い、常に徹底。とにかく目の前の仕事を一生懸命する日々を過ごす。

ターニングポイント 2013年顧客に成長させてもらったと
感じた時期

大手の顧客を先輩陣から引き継ぐ。 経験がないため、がむしゃらな姿勢で勝負。成果が全部一気に繋がったときに、この仕事の面白さを感じる。顧客と何度も話し、ダメと言われても提案し続けるといった自分のスタイルが確立された。

現在 2016年マネジメントという新たなステップへ!

4年目になり、「マネジメント」に興味をもち始める。新人育成業務などチームを任され、自分自身も劇的な変化を遂げたと言われるようになる。最近ではそこに面白さも見出し、早くマネジメントできるようになりたいと考えている。


1年目座談会

パーソルキャリア入社1年目の社員4名による“ホンネ“だらけの新卒座談会、開催です。