新卒採用

インタビュー

INTERVIEW

03

コンサルタント 鎌倉 翔 エグゼクティブ事業部
i-common company

INTERVIEW

03

コンサルタント 鎌倉 翔 エグゼクティブ事業部
i-common company

経験豊かなプロフェッショナルともに顧客を支援する

所属しているi-common という部署では、必要なときに必要なノウハウを取り入れる ことができる経営支援サービスを行っています。企業が抱えている問題や目的達成のた めに、私たちがコンサルタントとして本質的な課題を見抜き、その定義を行います。そ して、i-commonに登録している顧問や専門家を企業に紹介し、一緒になっ て解決に向けて取り組んでいきます。
この仕事のやりがいは、経験豊かな経営者の方や顧問・専門家といったプロフェッショ ナルの方と接する環境にいられることです。自分の視野を広げられるという意味でも、 とても勉強になります。また、まだ市場にないサービスの立ち上げや、企業にとって生 死を分けるほど重要なプロジェクトに携われるなど、緊張感のある状況に立ち会えるこ とも刺激になっています。

人間力を磨くことが成功への近道

私の仕事では、社長や取締役、専門家や顧問など、豊富な経験をもっている方々ばかりと接することになります。したがって、そのような顧客に提案するためには、勉強し続けることはもちろんですが、コミュニケーションのとり方や振る舞いといった人間性も重要です。企業の課題を解決するためには、課題を適切に定義し、その課題に関わる情報を顧客にヒアリングする必要があります。しかし、信頼されていない状況では、そう簡単にはお話しいただけません。その信頼を得るために、レスポンスは早く、正直に、真摯に、そして謙虚に接することや、訪問した際には何か付加価値を残せる情報を提供することなどに気をつけています。こういった、当たり前とも思える行動が信頼につながっていくと思います。

好奇心がビジネスを好転させる

仕事を進める中で意識しているのは、「そのアクションや言動に本当に価値があるのか」と考えることです。ひとつひとつのアクションに価値をつけるためには、まず、徹底した“準備”が必要です。たとえば、その企業情報はもちろんのこと、その企業が属する業界の動きや競合、他社の取り組み事例など数多くのことを知っておく必要があります。一方で、普段からも情報収集を欠かさず行います。その場合、自らが担当している業界や顧客についてはもちろんですが、全く異なる業界の情報も実は解決策のヒントにつながるケースもあるので、何事にも好奇心もって接することが大事だと考えます。その際、常に「なぜこうなっているのだろう」「今後、この業界はどうなっていくのか」といった視点で考える力や視点を養うことが大切になります。今後は、i-common companyとして、新たな価値の発揮ができるサービスの開発や、自らが企業へ直接支援できる力をつけられるようにしていきたいと思っています。

コンサルタント 鎌倉 翔 エグゼクティブ事業部
i-common company

入社当時 2013年社員として働くことで
新たに感じることがあった

学生時代にインターンとして働いていた、i-common companyに配属になる。始めは戻ってきた感覚を強く感じる。 当時は20名強の社員が在籍。外から見ていた景色やインターンの期間ではわからないことが見えてきて、毎日必死で喰らいつく日々が続く。

ターニングポイント 2015年ものごとの本質が見え始める

入社して2年後に、老舗の求人広告会社のプロジェクト支援を実施することに。 2代目社長をはじめ、その企業にとって次の世代をつくるための プロジェクトに関わったことが刺激になる。課題の根本的な部分など、その本質に迫ることができた。

現在 2016年人材育成への挑戦により自分も成長

2016年4月からチームリーダーになる。自らが動くということだけではなく、人材育成をはじめとしたマネジメントにもトライしている。何よりも一番の成長につながるのは自分自身の経験や考え方であることを日々実感している。


1年目座談会

パーソルキャリア入社1年目の社員4名による“ホンネ“だらけの新卒座談会、開催です。