新卒採用

インタビュー

INTERVIEW

04

コンサルティング営業 小葉松 美衣 Works事業部
第1営業本部 首都圏エリア第1統括部

INTERVIEW

04

コンサルティング営業 小葉松 美衣 Works事業部
第1営業本部 首都圏エリア第1統括部

顧客の目指す姿を
明確にとらえることが大事

現在は、担当エリアの企業や個人経営の顧客が持つ人材採用における課題を、求人広告という手段をメインに解決する業務を担っています。顧客の“目指す姿”に対して、課題をともに把握し、採用計画や採用手法などの提案をします。市場の環境変化が激しい中、いままで通りの提案では採用成功に達せず、自らも常に変化を問われ続ける部分に難しさとやりがいを感じます。「誰に、どのように求人を見つけてもらうのか?」という顧客の求める人物像を細部まで設定し、その人たちにささるPRポイントはなんだろう?という点から考えます。顧客の事業成長を真横で感じられるので、その時の達成感や感動は言葉で表しきれません。また、自分が担当した広告を見て入社した方とお話しをする機会もあり、直接的ではないですが、その方の人生における転機に携われたと実感したときは嬉しいです。

顧客からの厳しい言葉に教えられたこと

入社当時、忙しさの中で、仕事にやりがいを見つけることができませんでした。そんな思いを抱えながら仕事をしていたときに、顧客から、「この提案にはがっかりです」という言葉をいただき、信頼を失うということに大きなショックと動揺を覚えました。それから、当時の上司や先輩に顧客と向き合うスタンスや我々の提供すべき価値について、一緒に考え、提案時にはフォローや改善点を指摘してもらいました。その後、懸命に顧客やマーケットに向き合う中、ある提案から採用成功に繋がった際、顧客から、「小さな会社だけど、この1名の採用はとても大きい」という感謝の言葉をいただきました。仕事においては、数字をみるだけでなく、信頼を構築していくことが大切だと実感し、営業の楽しさとやりがいをより感じるようになりました。このときの気持ちは現在の仕事にも通じていると思います。

顧客の採用競争力をあげる手助けをしたい

有効求人倍率が上昇を続けている昨今、自分が担当している顧客が事業成長を続けていくために、広告媒体によって企業や採用担当者の採用競争力を上げていかなければなりません。一方で、広告は、成果が保証できるものではないので、広告掲載をしていただいても結果がでないこともあり、先行投資型のビジネスの難しさを感じることもあります。だからこそ、顧客の「採用成功」に向き合い、単なる広告の枠を売る営業ではなく、“採用するための力”を顧客に培っていただけるようなプロとしての提案や課題の投げかけを行っていきたいと思っています。

コンサルティング営業 小葉松 美衣 Works事業部
第1営業本部 首都圏エリア第1統括部

入社当時 2012年「会社に居場所がない」と思う日々

入社当時のモチベーションは自分の「負けず嫌い」という性格のみで、まだ学生気分が抜けていなかった時期。本当に辛いと感じると、気づかないうちに自分からも仕事からも逃げてしまうこともあった。

ターニングポイント 2012年社会人になってからはじめての挫折

顧客から「この提案にはがっかりです。」という言葉をいただき、信頼を失うことにショックと動揺を覚える。それをきっかけに意識が変化。発注数という“数字第一”から、信頼を重視するように。

現在 2016年自らが周囲に対して力になれる存在へ

年次も上がり、自分より若い社員も多くなる。自分を成長させてくれた先輩社員や顧客に恩を返していけるように、今度は自分が周囲に対して力になれる存在になっていくことを今の目標としている。


1年目座談会

パーソルキャリア入社1年目の社員4名による“ホンネ“だらけの新卒座談会、開催です。