新卒採用

インタビュー

INTERVIEW

05

コンサルティング営業 早坂 浩徳 Works事業部
第1営業本部 MSA統括部

INTERVIEW

05

コンサルティング営業 早坂 浩徳 Works事業部
第1営業本部 MSA統括部

自分の仕事で
顧客が喜ぶことが至上の喜び

大手外食・小売チェーンの顧客を中心に、「an」「LINEバイト」や、そのほかパーソルグループにおける商材を用いて、アルバイト・パート採用を中心とするさまざまな採用課題を解決する仕事に携わっています。この仕事の楽しさは、自分が携わった仕事によって採用・就業成功を支援し、企業側はそこからさらに商売繁盛に、求職者側は自分「らしく」はたらくことができる人が増えていく光景を目の当たりにできることです。また、我々が担当している大手外食・小売チェーンの顧客は、数百・数千店舗単位で、全国展開・グローバル展開をしているケースも多く、有期雇用比率は90%以上に至る企業まであります。案件によっては、その企業の採用条件や人事制度を見直すこともあり、顧客と共に採用を担うことへの影響度の大きさとやりがいを感じることができます。そのうえで、採用成功という成果を生みだし、顧客や弊社のメンバーとともに喜びを分かち合えたときには、ほかのなににも代えがたい感動があります。

コミュニケーションが成功へとつながる

仕事をするうえで大事にしているのは、顧客との信頼関係を築くことです。私が所属する事業部は求人広告という商材の特性上、顧客に対して事前に成果をお約束することはできません。仮に想定していた成果が上がらなかったとしても、採用成功につながるまで関係性を維持できるか否かは顧客と営業担当の信頼関係にかかっています。顧客とのさまざまな約束を守り、その方が本当に聞いてほしいと思われるお話を親身になって聞く。こういった当たり前のことを徹底して、信頼関係を築けるように意識しています。もうひとつは、どのような状況下であったとしても前向きに楽しむことです。採用市場が厳しさを増すなか、最も苦しい思いをされているのは雇用主や募集主といった顧客です。その中で、採用のプロであるべき私たちが下を向いていても仕方がありません。

1人に14件の選択肢
この状況を攻略する鍵は?

私の業務で難しいと感じているのは、採用成功という成果につなげていくことです。厚生労働省より提供を受けた資料によれば、東京都内の飲食物給士係(ホール)の有効求人倍率は13.96とあります。つまりは1人の求職者に対して14件もの仕事の選択肢がある状態です。そのような状況の中で、私たちがお取引をいただいている法人の顧客である募集主や雇用主に対して、いかにして採用成功という成果を導き出せるかを常に考えながら行動しています。そのためには、顧客とのより親密な対話が欠かせません。

コンサルティング営業 早坂 浩徳 Works事業部
第1営業本部 MSA統括部

入社当時 2008年自分自身に自信が持てない時期が続く

入社年に発生したリーマン・ショックの影響で、個人および会社業績が急降下。何をしても上手くいかず、自信がもてない日々が続く。人材業界専門担当で、就業先を探している個人の集客を行っていた。

ターニングポイント 2009年自らの仕事の意義の大きさを再確認

偶然、立ち寄った日比谷公園が「派遣村」として開放されていた。炊き出しを求める人々で、情報誌anを見て仕事を探している人の姿を発見。自分自身の仕事における影響範囲の大きさを再認識する。

現在 2016年未曾有の採用難時代に
常に挑戦できる日々を送る

2020年まで続くといわれている採用難時代、1人でも多くの採用成功を生みだそうと奮闘中。同時に、1人でも多くの「はたらくを楽しむ」人材が増えるように所属部門内でのマネジメントにも携わる。


1年目座談会

パーソルキャリア入社1年目の社員4名による“ホンネ“だらけの新卒座談会、開催です。