新卒採用

1年目座談会

SYMPOSIUM

SYMPOSIUM

イメージできますか?
パーソルキャリアで働く自分の姿を。
入社後には、どんなワクワクと
どんな厳しさ、どんなギャップが
待っているんだろう?

「仕事、ホントに楽しいですか!?」
新卒のホンネ、聞かせます!

イメージできますか?パーソルキャリアで働く自分の姿を。入社後には、どんなワクワクとどんな厳しさ、どんなギャップが待っているんだろう?
そんな1年後の自分をイメージさせてくれる、先輩社員による本音座談会、開催です!

後藤 真也

後藤 真也転職メディア事業部
採用企画事業部
RC統括部 GE部

「この企業を絶対に支援したいと思っ
て通い詰めて成約したとき、本当に嬉
しかった」

又川 真子

又川 真子人材紹介事業部
IT統括部 RAIT・NET部

「仲間に恵まれて、やりたいことをや
らせてくれるこの会社が好きです」

斉藤 夏菜

斉藤 夏菜Works事業部
第1営業本部
首都圏エリア第1統括部
第4営業部

「悔しいと思うからこそ、もっともっ
と強くなれるんです」

卯木 源一

卯木 源一人材紹介事業部
EMC統括部 RAEMC部

「キツいと思うことはあるけど会社や
仕事を悪く思ったことはないです!こ
れ、本当に」

イメージ通りじゃない。
それが仕事のおもしろさ

顧客企業の
核心に踏み込めるのが魅力

―― さっそくですが、皆さんの業務内容や、仕事のやりがいを教えてください。
又川

又川

私は人材紹介事業部のRAIT- NETという部署で、SIer企業をはじめとするIT系企業の中途採用を支援しています。やりがいはたくさんありますが、たとえば、顧客である企業に真摯に寄り添って、採用の枠を超え事業全体のことまで考えた採用選考のご提案ができる、自分次第で事業改革まで踏み込んでいけるというのは大きな魅力だと思います。また、他部署と連携をとる機会が一番多い部署なので、社内のパイプ役を担いつつ、顧客にはパーソルキャリアの窓口として、弊社全体でのご支援を提供できるというのもおもしろいですね。ただ、だからこそ自分の発言ひとつですべてが変わってしまうこともあって、責任の重圧感や、パイプ役として常に多くのコミュニケーションを求められることに大変さを感じることもあります。そんな中、顧客に「又川さんはうちの社員と同じ目線で考えてくれる」と言っていただけたことは、今年一番嬉しかったです。

後藤

後藤

それはすごい褒め言葉だね! 僕も中途採用支援で、Web広告や転職イベントなど複数の採用手法で企業の採用課題の解決をお手伝いする部署にいますが、「顧客がどんな人材を必要としていて、どんな人が活躍できる会社なのか」「その企業に行きたいと思う人はどんな志向性でどんなはたらき方をしたいのか」、そういうことを一から勉強してその企業の目線に近づいていくことに、やりがいを感じます。

壁にぶつかるから、やりがいも掴める

卯木

卯木

僕はおもに製造業の領域で中途採用の支援をしていますが、ふたりと同じように企業様の信頼を得ていかなければならない中、壁にぶつかった辛い時期がありました。顧客に自分の思いが伝わらないというジレンマにぶつかったんです。もともと希望していた部署での仕事に就けて、「顧客に信用されれば大丈夫でしょ」と、どこか高を括っていたんだと思います。だからそのとき、担当者と仲良くなることと、経営的な課題解決までお手伝いできるような信頼を得ることは違うんだと思い知らされました。

後藤

後藤

それ、分かる! 実際に仕事をしてみると、学生時代に思い描いてた仕事のイメージの曖昧さに気がつく。「信頼関係」という言葉はよく使ってたけど、実際に信頼を勝ち得ることがいかに難しいかわかってなかったし、今でも信頼とはなにかって毎日考えさせられる。そして、それがやりがいに繋がるって感じている。

又川

又川

私も入社直後は「できるはず」っていう根拠のない自信ばっかりだったから、今は、顧客の期待に応えるために、日々勉強、日々戦い。それで卯木君、壁はどうやって乗り越えたの?

卯木

卯木

乗り越えたというか、今も課題だけど、同期で沖縄旅行に行ったとき、「結局、おまえは何がやりたいの?」って言われて。ああ、僕は自分の意思をちゃんと伝えられてないんだと気づいた。何がしたい、どうやりたいってことを、もっと言葉にして発信していかなきゃ、と。それから少し気持ちが楽になって、自分が変わった感じがするかな。

斉藤

斉藤

私も最近、変われてきた気がする。求人広告の営業が私の仕事なんだけど、最初の頃は、自分に何ができて、なにができないかという自己認知ができていなかったと思う。うまくいかないとつい「自分はダメな人間なんだ」とネガティブになっていたけど、今はできることをひとつずつ増やして、弱さを克服しているところです。

又川

又川

斉藤さんは本当に変わった思う! 強くなったし、キラキラしてるよ!

斉藤

斉藤

辛いこともあったけど、だからこそ成約になったり、求人原稿をつくるときに顧客から「あなたのような営業が欲しい」と言っていただけたりすると、やっぱり泣くほど嬉しいし、頑張れます。

この先スキルアップしていく自分が楽しみ

―― 2年目への課題や目標はありますか?
斉藤

斉藤

決めたことはやる、失敗を恐れず何事も挑戦する。私の部署は2年前にできた部署なので、後輩に背中を見られて恥ずかしくない先輩になりたいです。それと、パーソルキャリアは上の人が下の意見を積極的に聞きたいと言ってくれるので、誰にもいつでも対等に「こうしたい」と言えるようになりたいです。

又川

又川

私は今「他人(ひと)を巻き込む力」が課題だと思っています。なにより相手のためになるように、自分の思いやその背景、相手のメリットを正しく伝える方法を日々勉強しています。

卯木

卯木

それは僕も同じ! 1年弱取り組んでみて、人材サービスという仕事って本当に難しいと改めて思う。でも、だからおもしろい。僕たちは同期にも恵まれて、本当に仲がよくて、よく飲みに行ったりもします。そこでする話は、皆アツいし、決してグチっぽくない。そういう前向きな風土の中で、まだまだスキルアップできる自分がイメージできるのはありがたいよね。

後藤

後藤

そうだね、パーソルキャリアって大企業だけどベンチャーマインドが生きていて、やりたいことをやらせてくれるし、上司や先輩からも本気が感じられる。未来へのビジョンや実現したいイメージがよく見えるから、まずは憧れの上司を目標に、自分の目的だけに縛られない「信頼される」営業を目指したいと思っています。