INTERVIEW

人生を豊かにする
アルゴリズムを
解き明かす。

上田 純也

  • 内定者

経歴

2020年、新卒入社予定。電気電子工学の修士課程に進み、数学アルゴリズムを専攻。「かっこいい社会人を増やしたい」という想いをもって総合職に内定するも、より自身の専攻が活かせるデータスペシャリスト職へ転向を決意。※インタビュー内容は当時の所属部署のものとなります。

人生、楽しくなければ、
もったいない。

専攻は電気電子工学です。修士過程に進んだので、先に就職している友人や先輩がいました。彼らと話すと、はたらくのが辛そうで。何だかそれじゃ人生もったいない気がして、どうにかしてもっと楽しくできないものかと思ったのが、人に関わる仕事に興味を持ったきっかけです。パーソルキャリアは、「はたらいて、笑おう。」という企業の考えが役員から社員一人ひとりまでしっかり浸透していました。さまざまな事業もその軸がブレていなくて、納得感もありました。面接では今後ますますデータを活用して事業を進めていくと伺いました。修士課程では、計算アルゴリズムを使った研究をしていたので、自分の専攻を活かせる気がしました。働いている人たちをより楽しく、より笑顔にしたい。ここなら、幅広いターゲットに向けて、それができると感じました。願いが通じ、総合職で内定。しかし、内定後に同期となる仲間たちと話しているうちに、データスペシャリスト職へ心が傾いていきました。

仕事に自分の意志を込める。

営業やキャリアコンサルタントとして現場に出て、課題やニーズを体感してから、データの領域に進もうと考えていました。修士課程で自治体と産業まとめサイトの共同研究を行った際、現場の空気感を掴めないと真の課題が捉えきれず、よい解決策を打ち出せないという状況を経験したからです。ですが、出会った内定者たちはみんなコミュニケーション能力が高く、優秀で、刺激的。中には同じ理系の修士の人もいました。彼らならきっと私よりも現場で的確な課題を抽出してくれるはず。それなら現場は彼らに任せて、最初からデータスペシャリストの道に進むべきだと決断しました。専攻分野では、抽象的な数学の世界をわかりやすく伝えることが重要になってきます。パーソルキャリアに集まるさまざまな「はたらく」のデータを社内で共有し、活用する仕事では、その経験が活かせるかもしれません。数学に対するアレルギーもないので、情報工学の領域にも興味が湧いています。仕事や研究に限らず、何事も自分のアイディアや意志が入り込めば、楽しくなるはず。本来、はたらくって、楽しいことだと思うんです。それを教えてくれたのは、父でした。

パン屋の父から教わった、
はたらく、ということ。

父は化学メーカーで技術者として働いていました。しかし、仕事には満足していなかったようで、一念発起、飲食業界に飛び込むと、私が小学生になる頃、パン屋を開業しました。パン屋の仕事は超がつくほどハードです。夜中の2時に起床し、夜の7時頃まで働き通し。子供ながらに、どうしてそんなに働き続けられるのかと不思議に思うほどでした。ある時、その理由を父から聞きました。「自分の作ったもので、お客さんが喜んでくれる。その顔と向き合える。それは何にも代えがたい楽しさで、やりがいがあるんだ」と。父が長い間ハードな仕事を続けられたのは、好きだからなんだとわかりました。私もたまに早起きして店の手伝いをしましたが、楽しかったです。その頃から、好きなことを仕事にしたいと考えていました。働いている人を笑顔にするには、まずは自分が笑顔じゃなきゃできないと思います。働きはじめれば、辛いことや苦労もあるはず。それでも笑顔を忘れずにいたい。父がそうであったように、自分の意志を大事にしながら、はたらくことを楽しみたいと思います。

わたしにとっての”はたらく”とは