INTERVIEW

学びたいこと、
楽しみたいこと、
きっかけは
単純でいい。

片岡 秀夫

  • Innovation Lab.
  • Incubation Office
  • TECH PLAY Company
  • ゼネラルマネジャー

経歴

2008年、新卒入社。大学では生命科学を専攻。パーソルキャリアに入社後、経営企画部、転職支援事業の事業企画部を経て、現職へ。Innovation Lab.にて「TECH PLAY」と呼ばれるサービスに携わる。

理系学生、
新たなフィールドへの
挑戦。

新卒入社から10年、パーソルキャリアで働く私ですが、もともとは理系出身。大学院では“コケ”の生態を毎日研究していました。将来は生命科学の研究職に就く予定でしたが、厳しい現実に直面しました。とあるメーカーの最終面接で「新製品につながる研究も、新しい事業の開発も、いろいろ挑戦したいです」と語るも、面接官である社長から「君には研究者としての専門性を期待している」と諭されました。専門性を活かすことは当然ながら、先々のキャリアとしてはもっと自由に幅広い物事に打ち込みたい。そう考えたとき、まったく違うビジネスドメインで挑戦し、新たなキャリアを築くことを考え始めました。そのときに出会ったのがパーソルキャリアでした。当社の事業領域は「人」。大学時代のように研究室にこもるのではなく、広い世界で正解がない「人間」を探求することも面白そうだと感じました。「ここなら想像以上の物事に挑戦できるかも」。オフィスは何かが起こりそうな熱気で溢れていたのを、いまでも覚えています。

学ぶことをもっと、
楽しもうよ。

経営企画部、転職支援事業の事業企画部で当社の事業開発に関わってきた私。現在は新規事業開発をおこなうInnovation Lab.に異動し「TECH PLAY」Companyに所属しています。「TECH PLAY」は、ITに携わる人・携わりたい人を対象としたサービス。ITというビジネスドメインでは、エンジニアリングやデザイン、マーケティングなど領域は幅広く、「TECH PLAY」は基礎から学ぶオンライン学習カリキュラムを提供したり、オフラインでの学ぶ場として人と人とが出会うイベントやセミナーを開催したりと、さまざまな“学び”の機会を提供しています。就職・転職のマッチングだけではなく、スキルアップからキャリアアップ・キャリアチェンジにつなげることができるため、当グループの“人と組織の成長創造インフラへ”というビジョンにつながる事業だと考えています。ただし、当社にとっては新しいチャレンジ。それだけに、私自身にも新たな挑戦の機会が溢れている。そもそも、5年も10年も先なんて誰も明確にはわからないですよね。だからこそ、いままさにITを使って社会に価値創造することにチャレンジする方、しようと考える方を支えたいんです。人が自由にスキルを身につけ、活躍できる社会を私たちは実現したいと考えています。

専門性を身につけたい、
すべての人へ。

私の経験から言うと、例えば大学で修士、博士と専門性を高めると、就職の際に「選択肢が狭まる可能性がある」ことを実感しています。修士過程まで進んだ私自身、博士に進学するか、就職するか悩んだ際、そうした現実を知りました。こうした「専門性を極めれば、選択肢が狭まる」という現状の価値観を打破し、極めたスキルが選択肢を広げる社会を実現することが私たち「TECH PLAY」Companyのミッションです。「TECH PLAY」はIT領域に特化したサービスです。どのような業界・職種においても、ITの学びを深めることはキャリア形成上、大きな武器になり得ます。実際に自分でプログラミングをするわけではなくても、ITを使ったら、何ができるのかということは知っておいてほしい。ITの学びを深めた人材が事業を創造し、日本の経済に貢献していくことができる世の中にしたい。専門性を身につけ活躍したいと考えるすべての人を、私はもっと応援したいんです。

わたしにとっての”はたらく”とは