PROJECT

正解のない時代に、
人生の最適解を。

「iX」立ち上げプロジェクト

2019年3月。日本初のハイクラス人材向けキャリア戦略プラットフォームがリリースされた。「キャリアに戦略を。」をスローガンに掲げる「iX」だ。プロジェクトを推進するのは、異業界からパーソルキャリアに飛び込んだ清水。マーケティング担当として「doda」のリブランディングを手がけるなか、ハイクラス人材に特化したブランドの必要性を唱えていた清水だが、社会環境の急激な変化から従来のようなサービスでは不完全だと感じていた。日本初のサービスとして「iX」が生まれた背景にあるものとは。そこには彼自身が味わってきた苦い経験も込められていた。

清水宏昭

iX統括編集長

※インタビュー内容は当時の所属部署のものとなります。

ハイクラス人材の
本当のニーズにこたえる
サービスがなかった。

—日本初と謳う「iX」とは、どんなサービスなのでしょうか?
シンプルに言うと、ハイクラス人材あるいはハイクラス人材を目指す方が、一生使っていけるサービスです。これまでハイクラス人材に特化した転職サービスはありましたが、「iX」は転職の際はもちろん、むしろ転職をしない時にこそ使いたいと思ってもらえるようなサービスを目指しています。「iX」を使えば使うほど、自分自身の市場価値が高まっていくようなイメージです。
—具体的に、どう“一生”使っていくのでしょう?
サービスは4つ。ヘッドハンターによる非公開求人紹介の転職サービス。プロのコーチングによるキャリアプランニング支援を行うコンサルティングサービス。個人事業主や経営者と法人をマッチングするプロフェッショナル向けサービス。そしてキャリアに特化した情報と場を提供するメディア&コミュニティのサービスです。いまやキャリアには長期的な戦略が求められていますから、転職して終わりではなく、その時々で有益となる「情報」と「選択肢」を提供していきます。
―社会環境の変化にも対応したサービスですね。
優れた人材はもはや1つの組織にとどまることはなく、多様な選択肢から働き方を選ぶ時代に入っています。転職はもちろん、副業でキャリアアップをはかる人もいれば、独立したり、経営者になったり、再び企業に戻る人もいるでしょう。企業側からすれば、プロジェクトごとに優秀な人と組みたいというニーズもあります。社員を抱えるより、合理的ですから。キャリアや人は、今後ますます流動化していきます。つまり働き方の正解は一人一人異なるだけでなく、タイミングによっても何をすべきかが異なってくる。いわば正解ではなく、最適解が求められる時代を見据えています。

経験をビジネスにして、
世の中の課題を解決する。

—サービスのアイディアには、自身の転職経験も活かされていると伺いました。
前職はまったくの異業界で、新卒から18年間勤めました。42歳で初めての転職。恥ずかしながら、職務経歴書の書き方もよくわかりませんでした。たまたま親しい友人が転職エージェントだったので、アドバイスをもらいながら、なんとか乗り切りました。転職のノウハウもそうですが、キャリアをトレースできるような人が見当たらなくて苦労しました。偉人の評伝みたいなものでは距離があり過ぎましたし。手の届きそうな人のキャリアストーリーがあったら参考になったのにという思いが、メディアやコミュニティサービスのヒントになっています。
—あの時「iX」があれば、という思いですね。
プロのコーチングもパーソルキャリアに来て初めて受けましたが、内省は自分1人ではできないことがよくわかりました。プロの素晴らしい問いがきっかけで、視界がパッと開けることも何度もありましたし。心が変われば、行動も変わります。それが今のキャリアの中で活かされている実感がありますね。転職してからもキャリアは続きますから、キャリアの節目や悩んだ時に相談できるサービスはニーズがあると思いました。
―個人事業主や経営者と法人とのマッチングサービスも自身の経験から?
私自身副業経験も豊富ですが、特にクリエイティブ領域の友人知人の話が参考になりました。例えば、とある出版社で編集部が一つなくなった時、どうすればいいんだと頭を抱えるライターやカメラマンがいて。すごい腕を持っているのに、人脈がないがために仕事がないわけです。実は企業側も同様で、人脈がないから優秀な人材と繋がれない。結局今は中途採用か育成しかなく、お金も時間もとてもかかります。この状況は社会全体にとって、相当な機会損失です。自分の経験とビジネスが結びつきやすいのは、人に関わるからかもしれませんね。

アイディア1つで、
新たなマーケットをつくりだせる。

―そんな“人”に関わるビジネスの魅力とは、何でしょうか?
異業界から飛び込んで感じるのは、変化のスピードの速さです。環境が目まぐるしく変わるので、常に新しいマーケットが生まれ続けています。変化を恐れず、成長意欲の高い人が多いのもそのせいかもしれません。またビルや車を生産するなら莫大な投資も必要ですが、ある意味、無形商材。アイディア一つで、新しいビジネスを作り出せるのは、本当に面白いですね。特にマーケティングは、市場の課題を解決する仕事ですから、人に関わるということは、つまり人生、社会、世の中の課題解決にもつながります。そのダイナミックさはなかなか味わえないと思います。
―最後に、今後のビジョンをお願いします。
はたらく人たちが主体的にキャリアを描いていける世界に寄与できればと思っています。以前の私がそうでしたが、こんなキャリアを歩みたいと思っても、何をすればいいかわからないという人は少なくないと思います。「iX」にくれば、キャリアを考えるヒントがある。行動する時の手段もある。振り返りもできる。だから自立したキャリアを築いていける。「iX」をそんな存在に育てたいですね。