新卒採用

育児

CHILDCARE

CHILDCARE

ママ向け施策について

パーソルキャリアでは、育休・時短勤務といった状況別に、さまざまなテーマや形式でワーキングママの支援をしています。

実施回数
・2015年:4回
・2016年:3回

※今後予定しているものを除く

過去実施内容

「小1の壁」座談会

テーマ:「子供が小学生になって変わったこと」「はたらき方の変化」
保育園から小学校に上がる際に直面する問題にどう向き合ったか。経験者をスピーカーに座談会実施。

※小1の壁とは…
主に共働き家庭において、子どもが保育園から小学校に上がる際に直面する社会的な問題。
小学校に上がる時には時短勤務制がなくなる企業も多く、子どもの小学校入学を機に働き方の変更を迫られることが多々ある。

復職予定者向けガイダンス

育休者(主に4月復職予定メンバー)に対して情報共有を行う。

・復職後の業務ノウハウ、福利厚生、会社の現状等の説明
【復職後職種別ランチセッション】

・ABY用品 リサイクル「Kidsmo!」・育休者交流会 開催
育休者・小さなお子様を持つパパ・ママ向けの子供(未就学児程度)の古着のリサイクル会

ワーキングママの声

時間の制約や給料の低下等弊害はある一方で、
子育てと両立している中での仕事のやりがいをまとめました。

時間の制約や給料の低下等弊害はある一方で、子育てと両立している中での仕事のやりがいをまとめました。

  • 時短での働き方や
    生産性向上について、若手社員に
    教えられるという実感。
  • 保育園事情や、働くママの職場での
    立ち位置について、アドバイスを含めた
    カウンセリングができる点。
  • 将来のビジョンを自分なりに持って、
    それに向かって日々過ごすことで
    モチベーションを維持している。
  • 仕事での実績や評価。
    自分で収入が得られ、買いたい物は
    自分の意思と裁量で買えること。
  • 子どもと接する時とはまったく違う
    脳みそを使うので、脳みそが活性化
    している感じが楽しい。
  • 母や妻としての役割以外で、
    会社や社会の役に立っているという
    実感を持てること。家の中にいるだけでは
    得られない刺激もやりがい。
    母や妻としての役割以外で、会社や
    社会の役に立っているという
    実感を持てること。家の中にいるだけで
    は得られない刺激もやりがい。
  • 「ママ」ではない側面で、
    自己成長している実感が得られること。
    何があっても自分が働いている限りは
    家族を養っていけるという自負や自信。
    「ママ」ではない側面で、自己成長し
    ている実感が得られること。何があっ
    ても自分が働いている限りは家族を養
    っていけるという自負や自信。
  • 自分が納得いく形で成果や
    営業実績を出すこと。
    子供が就職するころの労働市場がどのように
    なっているかを考えながら仕事すること。
    自分が納得いく形で成果や営業実績を
    出すこと。子供が就職するころの
    労働市場がどのようになっているかを
    考えながら仕事すること。

産休・育児制度について

出産後も仕事を続ける、所謂、“ワーキングマザー”が、多数活躍しています。
産前・産後休暇取得後、貴重な戦力として復職されるケースが圧倒的に多数!
横のつながりも大切にしながら、はたらくと育児を両立しています。

産休取得中
人数
育休後の
復帰率
77 95.4%

※2015年3月31日時点での無期社員を対象としたデータ

新卒採用部の武藤も8:00~16:00ま
でママに仕事に頑張ってます!

育児

育児