パーソルグループのスローガン「はたらいて、笑おう。」をテーマに、パーソルキャリアに中途入社し、現在活躍している社員を紹介します。今回登場するのは、「dodaプラス事業部」のHA(ハンティングエージェント)として活躍する竹中優理香です。竹中は新卒でメガバンクに就職した後、出産を機に退職し、1年のブランクを経てパーソルキャリアへ入社。現在は前職時代の営業経験を活かしながら、「ベストHA」を受賞するほどの活躍ぶりを見せています。

実は「dodaプラス事業部」では、大勢の女性社員、ママ社員が活躍中。自身も一児の母であり、「はたらく」を楽しんでいるお話を聞きました。

夢だった法人営業。しかし、育児との両立は難しかった

―竹中さんは新卒でメガバンクに就職されていますが、なぜ銀行を選んだのですか?

会社が元気になれば世の中も元気になると考えて、法人営業を中心に就職活動を行いました。法人を元気にするという意味では人材業界にも興味はあったのですが、「まだ仕事もしていないのに人材業界に行っていいのだろうか」と思い、当時はエントリーしませんでした。BtoBの事業という点でメーカーなども検討したのですが、銀行なら幅広い企業と関われると考えました。

―まさに竹中さんの求めていた環境だったのですね。それなのになぜ、転職を考えたのですか?

その後、研修で名古屋に異動し、それから東京へと戻ってきました。ですが、東京では融資ではなく資金運用が多くなり、さらにマイナス金利で提供できる商品も厳しくなったことから、私の望む仕事とは乖離が生まれてきていました。

―もともとやりたかった仕事からズレてきたわけですね。

はい。加えてプライベートの変化も大きかったです。当時、私は結婚したばかりだったのですが、出産や子育てのことを考えると、当時のハードワークな環境で仕事を続けるのは現実的に難しくて。それで転職活動を始めたのですが、まもなく子どもができて、退職することになりました。その頃は、1年くらい経って子育てが少し落ち着いたタイミングでまたはたらきたい、と考えていました。

―その後の転職活動はいかがでしたか。

業界は絞っていなかったのですが、時短勤務という条件もあって厳しかったです。いくつかの転職エージェントに登録したのですが、まったく上手くいきませんでした。自分は全然変わっていないつもりなのに、1年休んだだけであんなに苦労するなんて想像以上でした…。

―1年のブランクがあるだけで機会が大きく減ってしまうのですね。どのようにパーソルキャリアと出会ったのですか。

複数の転職エージェントの中で、「doda」のキャリアアドバイザーだけは親身に話を聞いてくれました。まずユーザーの立場として本当にありがたいと思いましたね。相談する中で選択肢の1つとして提案されたのがパーソルキャリアの「dodaプラス事業部」です。お伝えしたとおり、人材業界は以前から興味がありましたし、キャリアカウンセリングを受けていない方や、遠方にお住まいの方など、「doda」にご登録いただいているすべての方々に機会を最大限提供できる「dodaプラス」のサービス理念にも共感して、まずは面接を受けてみることにしました。

―面接の印象はいかがでしたか。

最初は、法人と個人のマッチングを行うPA(プロジェクトエージェント)のポジションで面接を受けたのですが、一次面接中に「竹中さんはHA(ハンティングエージェント)の方が向いているかもしれない」と言ってもらえました。HAは基本的に内勤なので子育てと両立しやすく、数字を追っていくうえで営業経験を生かせるという点も魅力に感じました。

営業経験を活かし、求人の魅力を最大化する

―「dodaプラス」のHAは知らない人にはイメージしにくい仕事だと思います。どのような仕事なのか教えていただけますか。

HAは、企業の課題を分析して転職希望者にアピールできるスカウトメールを企画・制作する仕事です。中でも私は金融業界を担当しており、5人のPAからなるチームの進捗状況を管理しています。

―チームのマネジメントに近そうですね。

はい。ですがPAのリーダーというわけではなく、同じ目標を追う並走者というイメージですね。お客さまと接点を持つPAに対し、HAは基本的に社内で企業の課題を分析したり、応募促進の施策を考えていきます。

―分析的な視点や主体性が求められそうです。もしかすると、スカウトメールを書く仕事だと誤解している人も多いかもしれません。

実は私も最初はスカウトメールを書くだけのアシスタントに近い仕事なのかと誤解していましたが、違いました。HAはたくさんの求人案件を担当しながら 俯瞰的に状況を見ることができ、「このままの採用要件では応募が来ない」といった課題にいち早く気づくことができます。また、HAはPAよりも長期的なスパンでチームの進捗を見ていくので、見える景色も違います。HAは企業さまの採用機会を最大化するとともに、個人の方々の転職機会も最大化できる奥深い仕事です。

―だからこそHAでは営業経験などが活かされるわけですね。竹中さん自身も前職の経験を活かせましたか。

はい、会社ごとの差別化や魅力を考えることは銀行時代から意識していました。また、営業目標から逆算して戦略を考えていくうえでは営業経験が活きましたね。これはHAに営業経験者が多い理由でもあると思います。一方、マネジャー経験がなくてもマネジメントに近い業務を経験できるのはHAの魅力です。

―先日、竹中さんは「ベストHA」を受賞したそうですが、どんな取り組みが受賞に結びついたのですか。

受賞できたのは自分1人の成果ではないのですが、「ベストHA」は目標にしていました。こだわったのは、案件を魅力的かつスピーディに転職希望者さまに届けることです。具体的には、求人を魅力化できる情報を早い段階からPAにヒアリングしてもらい、スカウトメールに盛り込んでいきます。もし、メールの効果がないと分かれば、文面の変更を加えます。PAとミーティングを行い、ターゲットの変更から改めて、プランニングしていくこともあります。このサイクルを回す速度を速めることで、最適な情報を転職希望者さまにお届けし、結果として企業さまの採用成功の実現。その先の事業の貢献に向けて、拘って行動しています。

―PAとの連携が1つのポイントになったわけですね。PAとの関わりで竹中さんが意識していることはありますか。

実際に行動してもらうのはPAなので、モチベーションの保ち方はとても重要です。PAが前向きに楽しく取り組めるように、数字や状況の伝え方には注意しています。厳しいことを言わなければならない場面もあるのですが、前向きな言葉を忘れずに伝えたり、「努力すれば達成できる」と思える適切な目標を掲げるように心がけています。

活躍するママは、 “選択する力” がある

―はたらく環境についても教えてください。前職とはカルチャーが大きく違うのではないかと思いますが、最初の印象はいかがでしたか。

全然違いましたね。最初に印象に残ったのは、社員がみんなフランクで、組織がフラットなことでした。マネジャーはすぐ近くにいて親身に相談に乗ってくれますし、一人ひとりの裁量も大きいと感じました。前職は男性が多かったこともあり、女性が多いと人間関係がドロドロしているんじゃないかと心配していたのですが、全然そんなことはありませんでした(笑)。

―具体的にどのような雰囲気なのですか。

HAもPAも女性が多く、ママ社員が大勢活躍しています。困ったときに助け合うことは当然です。成功事例を転用しやすいというHAの特性もあると思いますが、成功事例は惜しみなくシェアする風土です。

―活躍しているママに共通点はありますか。

私のいる金融業界のグループでは約8割のHAがママで、時短勤務の人も多いのですが、活躍している人は “選択する力” があります。時短勤務だからといって目標が低く設定されているわけではありませんし、やるべき仕事の取捨選択の目利きが上手いですね。ママとして成果を出すためには、優先順位付けはとても重要だと思います。

―竹中さん自身のはたらき方はいかがですか。

私は時短勤務とフレックスを組み合わせてはたらいていますが、やはり “選択する力” は養われたと思います。最初は1人のPAを担当するだけでいっぱいいっぱいだったのに、今は5人のPAを担当できているので、生産性という意味では数倍になっていると言えるかもしれませんね。

― “選択する力” 次第で生産性はそれほどに変わるのですね!そのほかにもはたらきやすさを感じる点はありますか。

ママとしてはたらいていると、子どもが熱を出したりして休むこともありますよね。今の環境で嬉しいのは、突然の休みに対応する専任のHAがいること。誰かが休みのときにグループ内だけで対応するのは難しい場面もあると思います。ですが専任の担当者がいれば、休みをもらうにしても気持ちがすごく楽です。

―仕事とママを見事に両立できていますね。竹中さんの今後の目標を教えてください。

離職中の転職に苦戦した経験が、私の「はたらく」の源泉になっています。「dodaプラス」のサービスを通じて、育児や介護などの事情でブランクがある人たちにも、はたらくチャンスをつくっていきたいです。また、現在のHAの仕事にもやりがいを感じていますが、子どもが大きくなったらお客さまに直接接する仕事にも再び挑戦してみたいですね。

―最後に、パーソルキャリアに興味を持っている人にメッセージをお願いします。

パーソルキャリアに転職してから、「楽しそうにはたらくようになったね」と夫から言われます。私は「はたらいて、笑おう。」という言葉が大好きなのですが、パーソルキャリアの社員たち自身も、イキイキとはたらいている人が多いと思います。育児などの事情を抱えている方も、思い切って飛び込めば楽しくはたらけますよ!

※この記事は2019年8月の内容に加筆・修正を加えたものです。