顧客を主語にしたビジネス戦略を描き
「はたらく」ことの可能性に
満ちあふれた社会を

執行役員
事業戦略本部 本部長

森 宏記

事業戦略本部は、パーソルキャリア全社の事業戦略の立案とビジネス開発人材の強化を担う部署です。各事業と連携しながら、パーソルキャリアが掲げるミッション「人々に『はたらく』を自分のものにする力を」の推進と事業の収益最大化をめざします。

  •  
  • 全社のビジネス戦略を立案し、
    各事業部とともに実行する

    事業戦略本部が担うのは、パーソルキャリア全社のビジネス戦略です。各事業部の企画部門とともに全社共通の戦略を検討・立案。それを各事業部の戦略に結びつけて、実行・支援していくことが主な役割です。

    全社的な企画人材の強化も担っており、人事と協働で人材採用や育成を推進。世の中の「はたらく」がかつてないスピードで変化している中、既存ビジネスの進化や新たなビジネスの創出は不可欠です。今あることの延長線上にないことにも挑戦していくべく、マインドセットやスキルセットを育む取り組みもしています。

    また、事業部横断的に注力すべきテーマを預かり、全社的な施策推進の中核を担うのも大切な役目。たとえば、採用マーケットにおいて、人材獲得競争が激化していて、特に採用難易度が高いITエンジニア、今後も日本社会全体の課題であり続けると言われる問題に、複数の事業を束ねて向き合うことも行っています。

  •  
  • 事業やサービスの枠にとらわれず
    顧客起点で最適な戦略を描く

    私たちの事業戦略のゴールは、ビジネスを拡大させることではありません。顧客である企業や人々に私たちのサービスを選んでいただけるような価値を届け、顧客価値を最大化・最適化するために戦略があるのであり、事業成長はあくまでもその結果です。

    戦略の起点はすべて顧客。企業や人々の課題・ニーズに真正面から向き合い、仮にパーソルキャリアの既存事業やサービスの枠組み通りにいかないことがあれば、新たな施策で対応します。事業のフレームに過度にとらわれることなく、幅広い戦略の中から適切なものを選び、ときには既存の事業を組み合わせたり、新たな価値を生み出したりしながら、顧客とともに価値の創造に取り組むのが、パーソルキャリアらしい事業戦略の形です。

  •  
  • 「はたらく」に関わる社会課題を
    自らの手でビジネスを通じて解決したいと思えるか

    事業戦略を担うことは、「人々に『はたらく』を自分のものにする力を」というパーソルキャリアのミッションそのものを、世の中で実現していくことに他なりません。私たちが一緒に働きたいと思う人に求めるのは、現時点での専門的なスキルや経験よりも、「はたらく」を取り巻く社会課題を、ビジネスを通じて自身の手で解決したいという強い想いです。

    世の中には「はたらく」喜びが得られていない人々がいます。天職に出会い、「はたらく」ことが楽しくてたまらない人がいる一方で、仕事は苦しく辛いものだと諦めている人もいる。地方に住みながら都会の仕事をするなど、「はたらく」の選択肢が広がっているのに、そのチャンスに気づいていない、あるいは気づいていても選択できない人もいます。どのような立場の人であれ、「はたらく」を考える機会やきっかけがあれば、「はたらく」の選択肢は増え、個々人の可能性も広がります。私たちはここに、注力しています。

    「はたらく」は人の人生に深く入り込むテーマです。それだけに課題は大きく、一筋縄ではいきません。しかし、社会をより良くしたいと思うなら、これほど取り組みがいのあるテーマもありません。目の前の顧客と社会を常に見て、主体的にチャレンジを続けられる人には、チャンスの多いステージが待っています。

  •  
  • 顧客/社会のために、
    自分が正しいと信じた道を
    思い切り突き進んでほしい

    未解決の社会的課題に向き合うこと。そのために新しい価値を創造すること。顧客のために、必要であれば事業の縮小など厳しい判断もせざるを得ないこと。事業戦略本部は、大きな裁量権を持ってそれらの仕事に取り組むだけに、相応の覚悟と熱量を必要とします。でも、顧客のために正しいと信じたことであれば、挑戦を恐れずその道を突き進んでほしい。会社や上司への遠慮はいりません。

    ただ、忘れてはならないのは、戦略だけでは世の中に価値を届けられないということです。各事業の最前線で企業や人々に向き合っているメンバーが“俳優”だとすれば、事業戦略本部は“プロデューサー”や“脚本家”です。それぞれの“俳優”が最大の力を発揮できるように、お互いの個性を認め合いながら協力・連携し合える環境を作ること、パーソルキャリアの力を結集し、顧客からスタンディングオベーションをいただくような舞台を作り上げることが、この仕事の最大の醍醐味です。

私たちと一緒にはたらきませんか?