ユーザーのニーズを汲み取り、
テクノロジーで課題を解決する

プロダクト&マーケティング事業部 事業部長

村澤 典知

プロダクト&マーケティング事業部では、Webサイトやアプリ等のプロダクト開発や機能改善ならびに各サービスブランドの戦略策定や新規サービスの創出を行っています。

  •  
  • マーケティングからプロダクト開発まで
    一気通貫

    「はたらいて、笑おう。」というパーソルキャリアのグループビジョンを実現するためには、はたらく人たちのニーズを把握し、新たなサービスのハブ役になる役割が必要です。

    そこで私たちプロダクト&マーケティング事業部は、「doda」や「iX」、「i-common」、「エグゼクティブエージェント」、「BRS(Bilingual Recruitment Solutions)」などの既存サービス全般においてマーケティング活動を実施し、ユーザーのニーズに沿ったWebサイトやアプリ等のプロダクトを開発することで課題解決をめざしています。

    当部門には多くのデータサイエンティストが在籍し、さらにはプロダクトの企画、UI・UXのデザイン、クリエイティブ、システム開発に至るまで、すべての工程を内製で行える体制を整えています。マーケティングからプロダクト開発まで、一貫性のある体制を実現している点が私たちの強みです。

  •  
  • ライフステージの変化をまたいで
    ユーザーを支える

    「パーソルキャリアは既存のサービスだけでなく、「はたらく」にまつわる新しいサービスの創出にも積極的に挑戦しています。プロダクト&マーケティング本部は、すべてのサービスが共通したミッションのもとに展開されていることを広告展開やユーザーコミュニケーションによってユーザーに伝えていきます。

    さらに私たちは、既存サービスの機能改善だけではなく、「ゼロイチ」で生まれる新しいサービスや他社にないユニークな新機能の開発にも力を入れています。人材業界は競争が激しく、新しいサービスが生まれても追随するサービスがすぐに生まれてくるため、私たちはスピードを重視した開発を行っています。新規プロダクトの開発と、すべてのサービスブランドをまたいだユーザーコミュニケーションによって、ライフステージの変化をまたいでユーザーの成長を支えていきたいと考えています。

  •  
  • 「はたらく」の悩みを
    解決できる存在に

    パーソルキャリアには、多くのはたらく個人と法人のお客さまに接しながら事業を続けてきた歴史があります。独自のデータをもとに、はたらく人のニーズに沿ったサービス提供できるのは私たちの強みです。「HRテック」の分野では日本より海外の方が先行している現状があるものの、今後のテクノロジーの活用やオープンイノベーションの推進次第では十分に逆転できる余地もあると考えています。

    これから、労働人口が減少する社会、AIやロボットが人間の仕事を代替する社会、人生の中ではたらく期間が長くなる社会がやってきます。私たち一人ひとりが、「はたらく」について強く考えさせられる時代になるでしょう。その中で、私たちははたらく人たちの悩みを深く理解し、解決に導けるサービスを提供していきたいと考えています。

PAGETOP