採用の未来を創り、
企業の抱える多様な課題を解決する

採用ソリューション企画本部 本部長

石上 篤史

採用ソリューション企画本部では、企業の採用課題を包括的に解決するためのサービス企画・開発を行っています。

  • 石上 篤史
  • 企業の採用課題に向けたサービス企画に留まることなく、「採用の未来」を創っていく

    採用ソリューション事業本部は、主に求人メディア「doda(デューダ)」とダイレクト・ソーシングサービス「doda Recruiters(デューダリクルーターズ)」を通じて、顧客の採用課題を解決に導いています。採用ソリューション企画本部が担う役割は3つあります。1つは、企業の、人にまつわる課題解決を支援する、採用ソリューション営業本部が遂行する戦略や戦術をリードすること。2つ目は、魅力ある求人原稿の制作を通じ、企業の採用に貢献することです。3つ目は「はたらく」環境の変化も見据えて、新たなオペレーション、サービス・プロダクト、事業モデルを作り、企業の抱える採用をはじめとした幅広い課題にアプローチしていくということです。

  • 石上 篤史
  • 既存サービスのアップデート、新たなサービス開発を通じて、より良い社会を創る

    日本の労働力人口は今後20年の間に、現在の6千数百万人※1から5千万人※2近くにまで減少するといわれています。これは、企業の労働不足が今後さらに深刻化するということを示唆しています。生産性の向上等、企業に求められることはたくさんありますが、採用という点では、これまで以上に自社の採用力を強化する必要性が高まっていくでしょう。

    ※1:労働力調査2021年(総務省統計局)
    ※2:少子高齢化で労働力人口は4割減(みずほ総合研究所)

    個人においては、「人生100年時代」の到来により、長期化するはたらく人生をいかにして有意義に過ごすかを考える必要に迫られています。さらに、終身雇用が崩壊していくなかで、自身のキャリアを企業に委ねるのではなく、「キャリアオーナーシップ」を持ち、自ら意思決定し行動していくことが求められています。

    こうした社会の変化を受けて、企業にとっての採用、個人にとっての転職はより重要度が増すと考えています。求人メディアは、採用、転職において世の中で最も活用されているサービスです。法人なら採用、個人なら転職を行う際のベースだといっても過言でありません。またダイレクト・ソーシングサービスは、企業の採用活動を効率化することはもちろん、個人においては自分では考えもしなかった「はたらく」の気づきや機会に出会えるという価値を持っています。

    変化する環境のなかで、企業、そして個人の秘めた可能性を見つけることのできるサービスづくりを進め、「はたらく」の機会のさらなる創出を実現していきたいと考えています。

  • 石上 篤史
  • 「社会をより良くしたい」という想いを持った人と、はたらきたい

    既存サービスをより良くしていくこと、新たなサービス、ビジネスを創っていくことで、「採用の未来」を創っていく。採用ソリューション企画本部が生み出すべき価値は、これに尽きます。

    既存サービスをより良くすることにも、たくさんの複雑な課題があります。しかし、「採用の未来」を創ることに正解はありません。だからこそ、自ら問いを立てていく力が必要です。外向き思考で課題意識を持ち、「なぜこうではないのだろう」、「社会をもっと良くしたい」と考えるような仲間とともに、「採用の未来」を創って行きたいです。

私たちと一緒にはたらきませんか?