人だからこそできることを磨き上げ、
マッチングの可能性を広げる

執行役員
人材紹介事業部 事業部長

勝野 大

人材紹介事業部では、「DODA」「クリーデンス」ブランドのもと、人材紹介を通じた個人向けの転職・キャリアサポートと、法人向けの採用支援を行っています。

  • 勝野 大
  • マッチングの可能性を見つけ、それを広げる仕事

    人材紹介サービスは、法人営業担当であるリクルーティングアドバイザーが法人顧客からお預かりした求人をもとに、個人顧客を担当するキャリアアドバイザーがマッチングを行い、募集ポジションに合った人材を紹介するサービスです。

    個人顧客に対し、キャリアカウンセリングを通じて転職・キャリア相談に乗ったり、求人を紹介する従来型のサービスに加え、現在は非対面型の人材紹介も展開しており、遠隔地の方や多忙でキャリアカウンセリングを受けられない方に対してもサービス提供できるようになっています。

    人材の採用は企業の経営に、転職ははたらく個人の人生に直結します。どちらの面でも重い責任を担う仕事だと言えます。一見難しく思えるマッチングに対して、いかに可能性を見つけ、広げていけるかが、企業と個人、双方のニーズをかなえる上で重要になってきます。

  • 勝野 大
  • 変化の激しい労働市場に適応していかなければならない

    これから、日本の労働市場は激しい変化の時代を迎えます。技術革新によって産業構造も大きく変わっていきますし、若年労働人口が減少し、採用競争はより激しくなってきています。さらに、はたらく個人の側の価値観やはたらき方も多様化が進み、社会全体がドラスティックに変わっていきます。

    技術革新は、私たちの仕事に大きな影響を与えることは間違いありません。弊社でも、人工知能(AI)によって個人と企業のマッチングを自動化する取り組みを進めていますし、過去の事例から答えを導き出すことは、AIが得意とする領域です。

    一方で、AIの時代だからこそ、人が果たす役割も重要になると考えています。社会が将来どう変化していくかを読み、自由な発想で新たな可能性を見つけることは、私たちの役割の大きなものとなります。また、AIが答えを導き出しても、最終的に転職を決めるのは「人」、採用を決めるのも「人」です。その重要な意思決定の支援をしていくことも、「人」固有の価値だと思います。

  • 勝野 大
  • 顧客にも自分にも「正直に」
    いられる仕事

    個人顧客、法人顧客、両方の意向を同時にかなえることが、私たち自身のビジネスの成功につながります。そのための最大にして唯一の方法は、正直に、すべてのことをきちんとお話しして、その上で、一緒に解決策なり選択肢を見つけていくことです。

    人材紹介サービスは、「これ」と決まった形のないものです。社会が速く、大胆に変化する中で、個人と法人、双方に生ずる前例や正解がない課題に対して、私たちが形を変えて対応していく必要があります。その意味で、先を見据えながら、常にチャレンジし続けていけるテーマであり領域だと言えます。

PAGETOP