個人の成長に寄り添い
「はたらく」の価値観を変える

執行役員
サービス企画開発本部 事業部長
テクノロジー本部 事業部長

柘植 悠太

サービス企画開発本部ならびにテクノロジー本部では、「はたらく個人」と「人材を採用する企業」の成長支援を目的とし、新規のサービス開発を行っています。

  • 柘植 悠太
  • 転職以外の側面でも、
    人の成長を支える

    パーソルキャリアは「はたらいて、笑おう。」というグループビジョンを掲げています。しかしビジョンを本当に実現するためには、入社後の成長やその次の転職まで含めて、個人の成長を長期的に支えられる会社に変わっていく必要があります。

    今、日本では「はたらく」に前向きな人が少ないと感じています。ですが、多くの人が「はたらく」を通じて自己成長し、自分らしくいられる社会になれば、日本はもっと良くなるはずです。成長とは、スキルを身につけることだけではなく、内面の変化や自己認知の深化も含むはずです。私たちサービス開発本部は、転職という領域だけでなく、多様な側面から人の成長を支えるサービスを生み出していきたいと考えています。

  • 柘植 悠太
  • 社会貢献性の高い
    多様なサービスを開発

    ライフステージや価値観の変化に寄り添いながら、個人の成長を長期的に支え続けるために、サービス開発本部はパーソルキャリアが持つブランド力や豊富なアセットを生かし、新しいサービスの創出に挑んでいます。

    判断基準は、個人が「はたらいて、笑える」状態に近づけるサービスであるかどうか。けっして収益性だけを考えることはせず、未来への投資という意識も持ち、社会貢献性の高いサービスを開発しています。

    例えば、転職後のアフターフォローを行う「dodaキャリアライフサポート」、応募者の思考や性格を自動分析してマッチング精度を高める「HRアナリスト」などのサービスを次々とリリースし、私たちは世の中に存在しなかった概念を提示していきます。

  • 柘植 悠太
  • 「はたらく」の価値観や
    あり方を変えていく 

    「はたらいて、笑おう。」を実現するために何が必要かを考え、正面から問題に取り組めるのが、サービス開発本部ではたらく魅力です。その意味で、サービス開発本部はグループビジョンの中心にある事業だといえます。

    部門のメンバーたちは中途入社の社員が多く、さまざまなバックグラウンドを持っていますが、「日本ではたらく人たちを元気にしたい」という想いは共通しており、積極的にチャレンジできる裁量の大きな環境で新サービス開発に取り組んでいます。

    新サービスの開発は正解の見えない世界だからこそ、世の中を良くしたいという強いモチベーションを持った人と一緒に、日本の「はたらく」の価値観やあり方を変えるサービスを生み出していきたいと思います。

PAGETOP