経営課題を抱える企業と、
経験豊富なスペシャリストを結びつける、新しい経営支援サービス

エグゼクティブ事業部
i-common東日本コンサルティング部
グループリーダー

奥西 慶太

経営顧問の紹介サービス「i-common(アイコモン)」のコンサルタントとして、企業の経営課題にマッチした各業界のプロフェッショナルや専門家をご紹介してプロジェクトを組成し、課題解決に取り組んでいます。

  •  
  • 事業の与える社会的意義の大きさに共感

    前職は素材メーカーの営業として主に既存顧客を担当し、生産管理や新製品の開発に携わっていました。ものづくりの世界にやりがいを感じていたものの、さまざまな人と接する中で「1つの会社で得られる経験だけが世の中のすべてではない」「もっとキャリアの可能性を広げていきたい」と、転職を考えるようになりました。
    当初は前職の経験を活かせる場として、製造業の中で仕事を探していました。 しかし、「i-common」のコンサルタント職の求人に出会い、「この仕事であれば製造業はもちろん、多様な業界や企業と接する仕事ができる。そうすれば、自分が考えている以上にキャリアの可能性が広がるはずだ」と感じたのです。「i-common」は、さまざまな経営課題や事業課題を抱える企業に、高度な経験・スキルを持つ各業界のプロフェッショナルや専門家をご紹介し、課題を解決していくサービスです。コンサルタントとして、さまざまな業界・企業のトップと接点を持ち、経営課題に踏み込んで解決できる点に魅力を感じました。また、少子高齢化や副業・フリーランスといった働き方の多様化が急速に進む中、プロフェッショナルの知見・ノウハウ・人脈を世の中に広く活用することは、大きな社会的意義があると感じ、入社を決めました。

  •  
  • トップアプローチで、
    経営課題の解決に向けた提案を行う

    コンサルタントは、企業の経営層や事業責任者などに対して、直接ご提案を行います。まだ取引のない企業にアポイントを取ることも多く、苦労することもありました。それでも諦めなかったのは、社会的意義が大きく将来性のある事業を自身の手で世の中に広めるのだという信念と、周囲のメンバーとノウハウを共有しながら協力し合う環境があったからだと思います。

    私たちは単に人を紹介しているのではなく、まずはその企業のビジョンや事業戦略についてヒアリングを行い、そこに横たわる課題を抽出。戦略を実現し課題を解決するための方法を検討し、プロジェクトとして提案します。プロジェクトが実行されお客さまの事業成長を実感したときは、大きな手応えを感じます。プロジェクトの成功がお客さまの社内で評判となり、他の部門から新たなご相談をいただくこともよくあります。

    ビジネス環境が刻一刻と変わる中、多くの日本企業が変革の可能性を模索しています。新規事業創出のために外部の知見を求めている企業は多く、コンサルタントとしての介在価値を感じています。また、フリーランスや副業など働き方が多様になる中、「個」の能力を発揮する機会提供も求められており、「i-common」のサービスが世の中に与える影響の大きさをますます実感しています。

  •  
  • 伸び盛りの事業だからこそ、
    新しいアイデアを自由に提案、
    実現できる

    パーソルキャリアに入社して感じるのは、社員が自らのキャリアにオーナーシップを持てる環境だということです。自分が今後どのような人生を歩みたいか、どうキャリアを築いていくかを考える機会が定期的にあり、自分の未来は自分で切り開く意識を持つようになりました。

    また、「i-common」は社内ベンチャーとしてスタートした事業であり、今まさに成長中の事業であることから、新しいことを自由に提案し、実現できる風土があります。私も営業活動を通して、顧客の規模によってアプローチの仕方を変えたほうがいいと感じ、大手企業の深耕営業を目的としたチームの創設を提案。それが採用され、グループリーダーとして組織の立ち上げを任されました。この組織を成長させていくことで、自身も成長し、「i-common」サービスの成長を後押ししていきたいです。

    ※社員の所属組織は2018年12月時点のものになります。

PAGETOP