デザインの力で、
社会の幸福度アップに貢献する

転職メディア事業部 プロダクト開発統括部 UXデザイン部
クリエイティブグループ

佐藤 貴明

「doda」サイトのUI/UXデザインを担当。「doda」ユーザーの体験価値向上をサイト領域から考えています

  •  
  • 「会社に所属するというより、
    成長の場にする気持ちで来てほしい」
    この一言で入社を即断

    大学で映像を学んでいたことから、新卒では映像制作会社に入社。その後、人材系ポータルサイトのWebディレクターに転職しました。もともとモノづくりが好きなので、自分の手でデザインしたくなり、働きながらデザイン学校に通い、次は受託系Web制作会社に転職しました。幅広い顧客のWebサイトに関わってデザイナーとしてのスキルを磨き、次のステージとして志したのは、自社サービスに携わること。そこで、2017年にパーソルキャリアに入社しました。

    パーソルキャリアの面接で「会社に所属するというより、Web人材としての成長の場にする気持ちで来てほしい」と言われ、すぐに「ここに入社しよう」と決めたのを覚えています。また、デザイナーの組織としても、どちらかというと受け身のオペレーティブな制作が多かったところを、よりクリエイティブを追求していく攻めの姿勢に変えていこうとしている過渡期にあり、面白そうだと感じました。

  •  
  • サービスの改善や成長に
    主体的に関わっていく面白さ

    これまで最も大きな仕事は、「doda」のリブランディングプロジェクトです。デザイナー組織がブランディングに携わることは、当社では初めてのことだったそうです。ユーザー調査の場への参加やリニューアルに向けたさまざまな提案を皮切りに、実際のサイト改修業務にもリードデザイナーとして携わりました。実際にユーザーからの反応が良く、数字にも効果が表れています。サービスの改善、成長に積極的に関わっていけることは、やはり大きな魅力ですね。

    他にも、いろいろなところに顔を出してUI改善の提案をしています。例えば、HTMLメールマガジン。今はユーザーの多くがスマートフォンで受信していますが、当時のメルマガはパソコン受信を前提に作成されていたのです。そこで、メルマガを企画するグループにスマホ最適化の提案を行いました。これまでにない大胆な変更案をたくさん出したため最初は驚かれましたが、ユーザーの行動など根拠を含めて説明すると、すぐにリニューアルすることに。メルマガの反応は、かなり改善したそうです。

    このように、デザイナーの視点から各サービスに提案を行い、結果を確認し、さらにユーザーにとって良いサービスを実現するという挑戦の場が当社には数多くあります。サービスの「企画」へ踏み込んで考えることにより、スキルやナレッジを深めるだけではなく、関わる業務の範囲を広げられていると感じています。自らが携わるデザイン領域を、体験設計を含めたところまで拡張でき、成長を実感する日々です。

    仕事は人生の大半を占めるものであり、人の幸福度を左右する大きな要素です。この企業・サイトの規模でその領域に関わり、社会の幸福度向上に貢献できるデザイナーのポジションは、他になかなかないと思います。

  •  
  • 事業会社のデザイナーとして、
    UI/UXの組織浸透に挑戦

    デザイナーとして誰でも苦労するのが、感覚的・主観的な修正依頼だと思います。そこで私が大切にしているのは、言葉を尽くすこと。なぜこのようなアウトプットになったのか、ロジカルに根気強く説明をしています。そのコミュニケーションの手間を惜しまなければ、当社は分かってくれる人ばかりです。

    働く環境も、かなり整備されています。フレックスタイムで柔軟な働き方ができますし、マシンもハイスペックなものに刷新されたばかりです。

    これまでUIデザインが主体でしたが、今後はUXデザインに幅を広げていきたいと考えています。UI/UXは、多くの人が知っている言葉ではあるものの、社内の関係組織への理解・浸透、実践という点では過渡期です。そこに挑戦できることに無限の可能性を感じますね。

    ※社員の所属組織は2018年12月時点のものになります。

PAGETOP