今日よりも明日、
「はたらく」を
よりよいものに変える

代表取締役社長

峯尾 太郎

  • 峯尾 太郎
  • 今、日本の「はたらく」は、
    急激な変化の時を迎えています

    産業構造の変化やテクノロジーの進化、さらに労働人口の縮小に直面する中で、日本経済が成長を続けるためには、働く一人ひとりの可能性や生産性を最大限に引き出す環境へと変革することが必要です。
    さらに、経済のグローバル化や新型コロナウイルスのようなパンデミックの発生などは、人々の「はたらく」に対する価値観を大きく変えました。そして今、新時代に則した「はたらく」の創造が求められています。

    私たちは総合人材サービスを提供するグループの一員として、こうした未来の「はたらく」を創っていく覚悟です。

    グループビジョンである「はたらいて、笑おう。」を実現し、その人らしい「はたらく」を、自分で決めることができる社会を目指します。人々が主体的に選択できる環境を創り、企業の成長、より豊かな社会につなげていくこと。この好循環を生み出すことこそが、私たちの存在意義です。

  • 峯尾 太郎
  • 人々に「はたらく」を
    自分のものにする力を—

    グループビジョン実現に向けた、パーソルキャリアのミッションです。

    「自らの可能性や人生の選択肢についてより深く知り、選択し、行動すること」の支援に真正面から取り組みます。テクノロジーも活用しながら、既存事業の強化・進化はもちろん、ミッションに紐づくサービス開発を推し進めていきます。

    今、周囲を見渡せば、世の中は解決すべき「はたらく」にまつわる課題で溢れています。私たち社員の志と能力を磨き続けることはもちろん、想いを共にする全てのステークホルダーと、一つひとつの課題に向き合いながら、未来を切り拓いていきます。

    私たちがミッションを推進するために、最も大切にしていることは、「社員一人ひとりの力」です。社員一人ひとりが各自の価値観や置かれた状況に基づき働き方を選ぶことができる環境下で、それぞれの成長を後押しし、その可能性を最大限発揮できるよう、これまで以上に取り組みを進めています。

    ライフステージ、キャリアプランに合わせた働き方を可能にする人事制度。さらには定期的な1on1の実施や社員一人ひとりのコンディションを把握するためのツール導入などを通じたチーム運営や中長期的なキャリアと今取り組んでいる仕事をつなげ成長を加速させる研修、現業務と並行しグループ内の別の仕事(プロジェクト)に携わることができる「ジョブトライアル」、そして自身のアイデアを事業化するためのイノベーション体質強化プログラム「Drit(ドリット)」などの仕組み。

    個々の成長を育む、さまざまな制度を通して、社員一人ひとりの可能性を最大限引き出せる組織作りを目指しています。

  • 峯尾 太郎
  • 新しい「はたらく」を共に創る

    人材サービスなるものが形作られて十数年。テクノロジーやデジタル技術の進化により、これまでにないサービスを提供できるようになりました。

    挑戦したいテーマは山ほどあり、実現する環境も整えています。

    さまざまな知見を備えた仲間、果敢な挑戦をサポートする組織風土、豊富なノウハウ、最新のテクノロジー、そして世界600拠点以上に広がるパーソルグループの力。

    すべての思考・判断を「人々に『はたらく』を自分のものにする力を」というミッションに紐づけて行動し、推進していくー。
    創業時から変わらず、常に新たなチャレンジをし続けています。

    パーソルキャリアは、人々の希望と社会からの期待を重ね、新しい「はたらく」を創造する。その先に、働く一人ひとりの充実した人生が、そして社会全体としても豊かな世界が開けるはずです。私たちは、人々がもつ可能性を誰よりも信じ、「はたらいて、笑おう。」を働くすべての人が体感できる社会を創ります。

    私たちと共に、新しい時代の「はたらく」を創りましょう。