MESSAGE

今日よりも明日、
「はたらく」を
よりよいものに変える

代表取締役社長

峯 尾 太 郎

パーソルキャリアは1989年の創業以来、常に社会や労働市場の変化に歩調を合わせながら、自己変革を繰り返し、お客さまが求めるサービスの追求と提供に取り組んでまいりました。2013年4月にはパーソルグループの一員となり、「人と組織の成長創造インフラへ」というビジョンを掲げ、さらに複雑化していく社会課題に対してグループ全体で向き合い続けています。

今、日本の労働市場は急激な変化の時を迎えています。労働力人口の減少や、グローバル化をはじめとする人材に関わるさまざまな問題が企業とはたらく個人の双方に押し寄せ、新しい時代に向けた、新しい雇用のあり方、新しいはたらき方が求められています。そうしたニーズに対して、私たち人材サービス会社は果たさなければならない大きな役割と責任を担っていると考えています。

これまで私たちは、総合人材サービスの会社として、はたらく個人と人材を必要とする企業との出会いの創出を支援してきました。しかし、目の前の社会課題を見渡し、はたらく個人の方々や、人材採用・活用を考える企業の皆さまのことを本気で考えた時、出会いを提供するだけではそのニーズに応え切れているとはいえないのではないか、そう思い至りました。

パーソルグループがいつもお客さまの手の届く場所にあり、日々の「はたらく」をよりよくするために、個人の「成長」を支援し、組織の「成長」に貢献することが、社会全体の活性化につながっていくと、私たちは考えています。そのためなら、私たちは「人材サービス業」の垣根を越えることも辞さない考えです。

誰もが前向きに仕事と向き合える世の中を創り、企業もいきいきと活力に満ちて豊かになる。お客さまが抱える「はたらく」にまつわる課題に一つ一つお応えしながら、そんな社会を実現することで、私たちはお客さまから真に「選ばれる企業」になっていきたいと考えています。

代表取締役社長 峯尾 太郎

PAGETOP