ミッション推進における
2026年までの経営指針Career SBU 2026

Career SBU※ 2026とは

私たちは2019年にミッション「人々に『はたらく』を自分のものにする力を-GIVE PEOPLE THE POWER TO OWN THEIR WORK-LIFE.」を策定し、ミッションドリブンでの経営を行っています。
このミッションへの実行力を高めるために、2026年3月までに目指す経営指針として定めたのが「Career SBU 2026」です。

「Career SBU 2026」は、2026年までに目指したいSeasonal Mission(シーズナルミッション)「多様なキャリアを一緒につくる」とそれを達成するための3つのコミットメントで構成されています。Seasonal Missionに「多様なキャリアを一緒につくる」を掲げ、個人のお客さま・法人のお客さまへのコミットメントと、お客さまへ価値提供していくに当たっての社内でのコミットメントを設定しました。

「Career SBU 2026」は、2026年までに目指したいSeasonal Mission(シーズナルミッション)「多様なキャリアを一緒につくる」とそれを達成するための3つのコミットメントで構成されています。Seasonal Missionに「多様なキャリアを一緒につくる」を掲げ、個人のお客さま・法人のお客さまへのコミットメントと、お客さまへ価値提供していくに当たっての社内でのコミットメントを設定しました。
「Career SBU 2026」を軸に全社一丸となってお客さまへ価値を届け、お客さまの多様なキャリアを一緒につくることで、キャリアオーナーシップを育む社会の実現を目指します。

  • Career SBU:パーソルグループはSBU(Strategic Business Unit)体制を敷いており、Career SBUは人材紹介(経験者、新卒)、転職メディア、ダイレクトソーシング、副業・兼業・フリーランス支援、再就職支援、外国人材就労支援などのキャリア関連の戦略的事業単位を指します。パーソルキャリア株式会社はCareer SBUの中核会社です。
パーソルグループのSBUを詳しく見る新しいタブで開く

Seasonal Mission「多様なキャリアを一緒につくる」に込めた思い

今、社会には、未来に向けて解決していきたい「はたらく」に関する課題が多く存在します。
その社会の中で、私たちがミッションとして掲げている、「人々に『はたらく』を自分のものにする力を」を実現するためにはどうすればいいだろう? この問いを、私たちは本気で考えました。

文化的背景・教育制度・社会システム…たくさんのことが絡まりあった複雑な問題の根底には、今解決すべき大きな課題として「はたらき方の多様性の乏しさ」があると考えています。同質的な社会の中で、一人ひとりが自分の意志に基づいてキャリアを選択できていないこと。そしてその結果として自分自身のキャリアを歩めず、はたらき方の多様性がない社会になってしまっていること。その解決に全社で取り組んでいくために、2026年までのSeasonal Missionとして「多様なキャリアを一緒につくる」を設定しました。

一人ひとりが自分の「キャリア」を自分の意志で選択し、その実現に向けて行動する。
今の職場で努力し続ける「キャリア」も一つ。家族との時間を多く取るために仕事の比重を変える「キャリア」も一つ。複数の仕事で経験を積みながら夢に向かって歩んでいく「キャリア」も一つ…

今、社会全体が課題解決の推進に向けて一歩踏み出したところです。
私たちは、たくさんの「多様なキャリア」を、ひいては意志ある自己決定を当たり前に応援する社会を、お客さまと一緒に、そしてこの課題に挑む多くのパートナーと一緒につくっていき、キャリアオーナーシップを育む社会の実現を目指していきます。

キャリアオーナーシップが育まれる社会をどう測る?

キャリアオーナーシップとは、「個人が自分の『キャリア』に対して主体性(=オーナーシップ)を持って取り組む意識と行動」のことをいいます。

私たちは、キャリアオーナーシップを「①自己のキャリアの現状把握」「②キャリアの自己選択・決定」「③ありたい姿に向けた、キャリアにおける経験の積み重ね」という3つの要素で構成される概念であると考え、それらをCOI(Career Ownership Indicator)と名づけた指標で計測しています。

また、パーソルグループは、グループビジョンである「はたらいて、笑おう。」の実現度を測るため、世界最大の世論調査であるGallup World Pollを通じ、世界約150カ国・地域で、世界の“はたらくWell-being”の状態を調査しています(“はたらくWell-being”指標)。

その中で、私たちが定義するキャリアオーナーシップとも関係の深い“はたらくの自己決定”に関する質問項目(自分の仕事や働き方は、多くの選択肢の中から、あなたが選べる状態ですか?)についても、世界各国・地域の状態を調べ、公開しています。

「世界のはたらくWell-being」を詳しく見る新しいタブで開く

私たちは、はたらく方々がより良いキャリアを積み、キャリアオーナーシップを育む社会の実現に向けて、これらの指標を用いて社会の状況をモニタリングし、私たちができるアプローチを探索し、実行していきます。

個人のお客さまへのコミットメント

多様なキャリアを体現できる最適なサービスを通じて、より良いはたらくをご支援する頼れるパートナーになる。

多様なキャリアを体現できる最適なサービスを通じて、より良いはたらくをご支援する頼れるパートナーになる。

個人のお客さまへは、それぞれのお客さまの現状・課題を理解した上で、目指したいキャリアを体現できるサービスを提供し、一人ひとりの「より良いはたらく」の実現を支援してまいります。
そのために、2026年までに、サービス間のデータ統合をさらに推し進め、お客さまにあったサービスの提供を目指します。また、その土台として、「doda」のさらなる拡大と、新たに立ち上げたサービス(「doda X」「HiPro」「PERSOL MIRAIZ」など)の成長にコミットしていきます。
これらの取り組みを通じて、キャリア実現に向けて行動した個人のお客さまを増やしていくことを目指します。

法人のお客さまへのコミットメント

人材獲得力を高める最適なサービスを通じて、頼れるパートナーになる。

人材獲得力を高める最適なサービスを通じて、頼れるパートナーになる。

法人のお客さまへは、それぞれのお客さまの課題にあわせたサービスを全社一丸となって提供していくことで、人材獲得力の向上に向けて継続的に支援をしてまいります。
そのために、当社の営業による「人」と、技術を駆使した「プロダクト」それぞれの強みを活かし、法人のお客さまとの接点を一段と増やしてまいります。また、その接点を通じていただいたお客さまの情報をしっかりと蓄積していき、当社がご提供するすべてのサービス間での連携をより一層推し進めることで、今まで以上にお客さまの真の課題・ニーズの理解を深めてまいります。
これらの取り組みを通じて、複数年継続して当社サービスをご利用いただけた法人のお客さまを増やしていくことを目指します。

社内でのコミットメント

社員一人ひとりが多様なキャリアを体現できる会社として、社会のロールモデルになる。

社員一人ひとりが多様なキャリアを体現できる会社として、社会のロールモデルになる。

個人のお客さま・法人のお客さまへ上記コミットメントを確実に実行していくためには、私たち自身が多様なキャリアを体現できていることが必要だと考えています。Career SBUではたらく社員一人ひとりが多様なキャリアを体現できるよう、社員のキャリアオーナーシップを育む社内環境・制度をこれからもつくっていきます。
これらの取り組みを通じて、「仕事・働き方を自分で選べる状況にある」と回答※する社員を増やしていくことを目指します。

  • 当社が年1回実施している社員向けアンケートの回答です。「“はたらくWell-being”指標」と連動し、「はたらくの自己決定(質問:自分の仕事や働き方は、多くの選択肢の中から、あなたが選べる状態ですか?)」の回答を取得しています。