多様な雇用形態やはたらき方を
前向きに選択できる
シームレスな環境作りを。

取締役執行役員瀬野尾 裕

取締役執行役員 瀬野尾 裕 取締役執行役員 瀬野尾 裕

トップダウン式の会社での経験が「自分で決めて、動く」の大切さに気づくきっかけに

私が新卒だった頃、人材ビジネスはまだ未成熟な業界で、私が最初に就職した人材サービス企業はいわゆるトップダウン式でした。時代の影響もあったとは思いますが、私は、人材ビジネスを担う人間みずからが「自分で考え、自分で行動する」人でなければ、お客さまに最良のサービスは提供できないと考えていました。「こういうことがしたい」と思ったときにチャレンジができる、たとえばボトムアップ式のような職場を探していたのです。

そんな時に、当時のインテリジェンス(現パーソルキャリア)に出会いました。まさにボトムアップではたらける魅力に惹かれ、後日、縁あって、インテリジェンスに営業マンとして転職しました。自分の「はたらく」を、自分でハンドリングする。メンバーシップ型の組織において、ポジションは会社・組織が基本的に決めるものですが、インテリジェンスでは自らこのポジションをやらせて欲しいということを上司とコミュニケーションし、自分自身の実力次第ですが、受け入れて貰えることも多々ありました。そんな風にはたらくことができる文化・環境が、本当にありがたかったです。仕事のやりがいにもつながりました。

「自分で決めて、動く」は、当時も今も貫いています。たとえば「上から言われたことをそのままやるのは嫌だ」というスタンスです。もちろん、ただ拒否するというのではなく、納得を大事にするということです。指示内容や取り組むべき仕事の意味を、上司や関係するメンバーと確認する。納得したら全力投球です。今も、メンバーから提案を受けた時に互いに納得できるなら、チャレンジングなことでも思い切ってやらせます。パーソルキャリアには、そんなスタンスが受け入れられる土壌があります。

キャリアオーナーシップのある人材を増やしたい

私は、ミッションに忠実でありたいと思っています。自分で考え、選び、行動する。そんな自分軸の「はたらく」を、私たちは「キャリアオーナーシップ」という概念で社会に広めています。もちろん自分たちが「口だけ」ではいけないので、私もキャリアオーナーシップを体現してきました。私だけではなく、「はたらく」にこだわるパーソルキャリアだからこそ、たとえばキャリアアドバイザーの現場、顧客との会話から、会社全体の社風・文化まで、ミッションと乖離しないようにと努めています。

キャリアオーナーシップがとれるって楽しいんです。特に今、「人材の流動化」が叫ばれています。一つの企業にとらわれず、自分を活かせる環境・職場へと流動的に移り、はたらく。この傾向を、私は単なる「流動化」で終わらせずに、「適切な流動化」として実りあるものにしたいと考えています。より多くの人が、はたらきたいところで自分らしくはたらける。そんな労働市場が広がれば、はたらきがいも抱きやすくなるでしょう。

われわれのミッション「人々に『はたらく』を自分のものにする力を」は、キャリアオーナーシップのある人材を増やすことを意味しています。ですが、いま現在はそういった人材は圧倒的少数です。当面は、全労働人口の10%にも満たないキャリアオーナーシップの取れる人材を一人でも多く増やすことがわれわれの目標です。

*

ただの「流動化」ではなく「人材の『適切な』流動化」を実現したい

私は、アルバイト・パート、派遣、フリーランス、正社員、副業・兼業といった幅広い雇用領域の顧客と向き合ってきました。同業種でも珍しいキャリアだと思います。それだけに、さまざまな課題も長らく見てきました。

かつては「派遣」というとネガティブな印象を持つ人もいました。アルバイト・パートも同様です。また、女性の割合が高い事務領域の派遣では、出産や育児などのライフイベントを経て、いざ復職しようと思っても、休職期間中のブランクが壁となり、復職できないことがありました。かなり改善してきているとはいえ、今も課題は残っています。

近年、はたらき方が多様になり、選択肢は広がりました。それ自体に私は否定的ではないですが、そこに「派遣は……」「育休は……」といった偏った見方や待遇の不平等などが挟まってしまうと、選択肢があるのに「選びにくい」「選べない」といった事態になります。

「あなたは何がやりたい?」の声かけから始まる仕事へ

労働市場には、正社員もそれ以外のはたらき方も必要です。だからこそ、そんな偏った見方を払拭し、多様なはたらき方が平等に扱われる社会を実現したい。正社員というはたらき方が正解だというような見方を取り払いたいと願って、私は行動しています。

さまざまな「はたらく」の実情を見てきた私のキャリアを活かし、アルバイト・パートから正社員、副業・兼業まで、シームレスにはたらき方を選びながらキャリアオーナーシップがとれる環境作りに心を砕く日々です。その環境が実現できるなら、人材はむしろ流動化すべきだと私は思っています。「人材の『適切な』流動化を実現する」が私の使命です。

身近な一歩として、社内でも環境作りを進めています。社員みながミッションをより血肉化して、ミッションが活きるように、人事制度や社員育成の取り組みなども練りこんでいます。私は、命令で始まる仕事ではなく、「あなたは何がやりたいんだい?」というコミュニケーションから、主体性を引き出すような豊かな「はたらく」を社内外に広げていきます。

*

関連情報