総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」< https://doda.jp >は、「平均年収ランキング2017」を発表します。2016年9月~2017年8月の1年間に、DODAエージェントサービスに登録した約29万人のデータを元に、正社員として就業する20~59歳までのビジネスパーソンの平均年収と生涯賃金をまとめたものです。
※ DODA「平均年収ランキング2017」詳細はこちら。https://doda.jp/guide/heikin/

【 調査結果概要 】
金融分野の仕事が職種別・業種別ともに1位 <表1、表2>
2017年の平均年収ランキングは、職種別・業種別ともに、金融分野の仕事が1位という結果になりました。職種別では、全153職種のうち、1位が「投資銀行業務」、2位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」で、どちらも金融系専門職です。業種別では、全93業種のうち、1位は「投信/投資顧問」。2位はサービス業に分類される「財務/会計アドバイザリー」となりました。

IT・企画の職種が上位20位の半数を占める <表1>
今回の職種別ランキングでは、上位20位中、半数が技術系(IT/通信)と企画/管理系の職種になりました。技術系(IT/通信)では、「プロジェクトマネジャー」が4位、「ITコンサルタント」が14位、「IT戦略・システム企画」が15位とランキングの上位に入っており、システム開発において要件定義や企画立案を担う人材の年収が高い傾向となっています。また、ビッグデータや人工知能(AI)など、技術的なアプローチから新しい企画を生み出し、従来のサービスを改善する動きが加速する中、基盤となるデータを集めて分析し、ビジネスへとつなげる「データアナリスト・データサイエンティスト」も27位と、上位にランクインしています。
「企画/管理系」の職種は、職種別ランキングの上位50位に最も多くランクインしており、中でも業務の効率化や不正を未然に防止する「内部監査」が5位、「内部統制」が19位とランキングの上位に入っています。また、「経営企画/事業企画」が9位、「法務」が12位となり、企業が新規事業領域への参入や、海外進出する際の中核を担う職種の年収が高い傾向にあります。

解説】職種・業種ともに金融分野が1位にランクイン。各業界でIT投資が進みIT系のニーズも高まる。
2017年の平均年収は、418万円という結果となり、職種・業種のランキングでは、ともに金融分野が1位にランクインしました。超低金利の現在、投資や資産運用への関心が高まり、投信投資顧問・投資銀行・運用などの金融分野では専門職のニーズが増加しています。また、この分野ではフィンテック(FinTech)と呼ばれる金融とITを融合した技術革新に注目が集まっており、近年、スマートフォンを利用した決済や送金、口座管理などの分野で新しいサービスが続々と登場し、サービスの効率化も進んでいます。このようなIT投資は金融だけにとどまらず、あらゆる業界や分野でもますます盛んになっています。転職求人倍率は、「IT/通信」業種で5.58 倍、「技術系(IT/通信)」職種で7.04倍と、全体平均の2.25倍と比較しても際立って高い数値となっており、IT技術に関わる人材の採用ニーズは今後も高まるでしょう。(DODA編集長  大浦 征也)

※「DODA転職求人倍率レポート」2017年10月参照

※調査結果の詳細や、年齢別・都道府県別のデータはDODAサイトにて公開しています。https://doda.jp/guide/heikin/

■調査概要
【対象者】2016年9月~2017年8月末までの間に、DODAエージェントサービスにご登録いただいた
              20~59歳のホワイトカラー系職種の男女
【雇用形態】正社員
【サンプル数】約29万件
 ※平均年収:手取りではなく支給額
 ※順位算出:平均年収の小数点単位で順位づけ
 ※生涯賃金の算出方法:22~59歳の各年齢の平均年収をすべて足し、退職金は含まない金額
 ※今回の「平均年収ランキング2017」から、データの集計方法や職種・業種の定義を変更しています。
  そのため2016年以前のランキングとの比較は行っていません

■解説者プロフィール DODA編集長 大浦 征也(おおうら せいや)
2002年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。
人材紹介事業に従事。法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。転職希望者のキャリアカウンセリングやサポートに長年携わる。担当領域は多岐に渡り、これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。
その後、DODAキャリアアドバイザーの総責任者の後、法人営業部隊も含めた地域拠点の総責任者などを歴任。
2017年、DODA編集長に就任。(現職)
そのほか、社外にてJHR(一般社団法人人材産業サービス協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキングメンバーにも名を連ねる。

■「DODA」についてhttps://doda.jp
「DODA」は、「いい転職が、未来を変える。」を目指し、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のDODA転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。