総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎、以下パーソルキャリア)は、2019年1月17日(木)に、他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」< https://tani-moku.jp/ >を100人で行う “「タニモク」100人会”を開催する運びとなりましたのでお知らせします。なお、本日より特設ウェブサイト< https://tani-moku.jp/100ninkai.html >で一般申し込みの受付を開始いたします。

 

■“「タニモク」100人会”について
「タニモク」は、だれもがさまざまな選択を迫られる人生100年時代に、多様な生き方やキャリア、働き方を考える機会として、利害関係のない人(=他人)同士が、4人1組でお互いに目標をたてあう、“ライフキュレーション”ワークショップです。これまで企業や有志団体など、さまざまな組織で開催しており、ソーシャルメディアを中心に大きな反響を呼んでいます。また、企業だけでなく教育機関や官公庁などからも「タニモクを体験してみたい」というお問合せを多くいただいておりました。

そこで今回は“「タニモク」100人会”と題し、普段接点の無い多様な分野で活躍するゲストの方々と、一般参加者が一堂に会し、総勢100人で「タニモク」を体験していただきます。2019年の年始め、今までとは全く違う新しいカタチの目標設定を通して、より多くの方が自分らしい生き方の実現に向けたきっかけを得られる場を目指します。

スペシャルゲストは、当時最年少となる17歳での文藝賞受賞という鮮烈なデビューを果たした、芥川賞受賞作家の羽田 圭介氏。会社員経験を経て芥川賞作家となり、10年以上小説を書き続ける羽田さんから「人生100年時代の自分らしい生き方」について、スペシャルトークをしていただきます。さらに、当日は実際に「タニモク」にもご参加いただくため、運よく同じテーブルになった方は羽田さんと目標をたてあうことができます。

■スペシャルゲストプロフィール
羽田 圭介
小説家。1985年東京都生まれ。高校在学中の2003年に「黒冷水」で第40回文藝賞受賞。
その後、会社員経験を経て専業小説家となり、2015年「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞受賞。
その他の著書に「走ル」「メタモルフォシス」「成功者K」「5時過ぎランチ」など。


■ゲストプロフィール
さまざまなキャリアで活躍する有識者の方々を、“「タニモク」100人会”にご参加いただくゲストとしてお迎えします。また公式ファシリテーターである「タニモク ライフキュレーター」(https://tani-moku.jp/lifecurator.html)も参加します。

<その他ゲスト>
遅野井 宏(株式会社オカムラ Workstyle Researcher)、柿内 奈緒美(PLART STORY 編集長)、羽田 成宏(株式会社デンソー)、丸山 裕貴(Sansan株式会社BNL編集長)、横石 崇(&co CEO)など (五十音順)
※その他のゲストは決まり次第公式サイトで順次発表いたします。

■“「タニモク」100人会”概要

日時

2019年1月17日(木)18:30~(受付開始 18:00~)

参加費

無料

タイムスケジュール

18:00~        受付開始

18:30~18:40   ご挨拶、趣旨説明:「タニモク」プロジェクトリーダー 三石原士

18:40~19:00  スペシャルゲスト対談:羽田圭介氏、三石原士

19:00~21:00 “「タニモク」100人会”スタート

21:00~21:20 発表&ふりかえり

21:20~22:00   写真撮影&懇親会

アクセス

東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD6階

東京メトロ 半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町駅」 4番、9番b出口より徒歩2分

(エスカレーターは9番a出口、エレベーターは5番出口)

MAP:https://goo.gl/maps/82oVB4iFrW12

応募方法

イベント特設ページよりお申し込みください

URL:https://tani-moku.resv.jp/direct.php?direct_id=4

※グループ分けはランダムに決定します。必ずしも羽田 圭介さんやゲストと同席できるわけではありません。

■他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」
「タニモク」は、自分以外の視点を取り入れて選択肢を増やし、新しい目標設定を行う“ライフキュレーション”ワークショップです。人生100年時代、これからはだれもがさまざまな選択を迫られる時代になっていきます。パーソルキャリアでは、多くの方に多様なキャリアや働き方を考える機会として、利害関係のない人(=他人)同士が、お互いに目標をたててもらう「タニモク」を、2018年9月から本格スタートいたしました。本格スタートに伴い、Webサイトでは運営マニュアルや資料などを無料で開放し、公式ワークショップの定期開催なども行っています。
※「タニモク」についての詳細はこちら< https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/corporate/2018/20180925_02/

<「タニモク」の3つのメリット>
1.
自分の発想にない選択肢を得られる 2.自分の考えに強烈な後押しをもらえる 3.他人の計画を立てる面白さ

■「タニモク」の取り組み方
利害関係のない人(=他人)で4人1組のグループとなり、1人(当事者)が自分の現状を他の3人に説明します。他の3人は自分がその人だったら何をするかを考えて目標を提案する、という30分のセッションをグループ人数分行っていく、3時間程度のワークショップです。

■「タニモク」ファシリテーター 兼 プロジェクトリーダー 三石 原士(みついしもとし)
大学卒業後、渡独。設計事務所にてキャリアをスタート。帰国後、大手情報サービス会社を経て転職サービス「doda」の立ち上げメンバーとしてパーソルキャリア(株)(旧社名:インテリジェンス)に入社。求人広告制作では、500社1,000名を超える取材、執筆を担当。2011年より、マーケティング部門にてコンテンツ企画を担当。2015年6月より、これからのはたらくを考えるメディア&コミュニティ”未来を変える”プロジェクトを立ち上げ、編集長に就任。2017年「タニモク」を開発。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。