総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎、以下パーソルキャリア)は、新卒社員計38名で他人に目標をたててもらうワークショップ『新卒1年目限定タニモク』を開催いたしました。当日は、パーソルキャリアの新卒社員、一般公募したさまざまな会社の新卒社員に加え、サッポロホールディングス株式会社と、株式会社ベネッセホールディングスの有志団体「One Benesse」協力のもと、両社の新卒社員も参加しました。

タニモクとは< https://tani-moku.jp/
「タニモク」は、利害関係のない人(=他人)同士が、3~4人1組でお互いに目標をたてあうワークショップです。多くの方に多様なキャリアや働き方を考える機会として、企業・官公庁・学校など、50以上のさまざまなコミュニティで開催されています。参加者からは、「自分以外の視点を取り入れて選択肢を増やし、自分が気づいていない可能性や選択肢を発見できる」として大変好評を得ています。

開催背景と概要
ここ数年、大学生の就職率は97%以上と、新卒採用は大変な売り手市場となっており、企業は苦労して採用した新卒社員の早期退職を防ぐため、さまざまな取り組みを行っています。特に8~9月頃になると、新卒社員は慣れない環境での新人研修やOJTに加え、入社前に思い描いていた仕事とのギャップから、仕事のモチベーションや満足度が低下しやすく、この時期に新卒社員向けのフォロー研修を実施する企業も多いです。
パーソルキャリアが全国の2019年度新社会人300名に行った「仕事の満足度に関する調査」では、目標がある人のほうが、目標が無い人に比べ、仕事の満足度が25ポイント以上高く、目標の有無は仕事の満足度に大きく影響することがわかりました。
そこで今回、新卒社員が自身の目標について改めて考える機会を提供すべく、パーソルキャリア、サッポロホールディングス、ベネッセホールディングスの3社の新卒社員に加え、公募したさまざまな企業の新卒社員で互いの目標をたてあう『新卒1年目限定タニモク』を開催しました。

『新卒1年目限定タニモク』当日の様子
当日は、パーソルキャリア、サッポロホールディングス、ベネッセホールディングスの3社の新卒社員と、公募したさまざまな会社の新卒社員約40名が参加しました。
参加者からは、「自分の感じていたことや悩みは新人だから起こることで、自分だけではないと分かり、心がすっきりした」や「自分が人にたてた目標を通して、自分の大事にしているところが明確になった」「違うキャリアの人の声は刺激になった」などの声が聞かれました。目標設定は1人だけで行うものと思われがちですが、自分以外の視点を入れることでこれまで思いもよらなかった自分の可能性や選択肢に気づき、モチベーションの向上に繋がったようです。
また、「タニモク」終了後に開催された交流会では、自分がたてた目標を共有しあったり、別のチームの参加者と交流したりする場面が多く見受けられ、今後もフラットに悩みを相談できる社外の仲間をつくる、良い機会となりました。

【 参加者からの声まとめ 】
①全員が「“はたらくこと”や“仕事”に対するモチベーションが向上した」と回答(100%)
②9割以上が「はたらくうえで大切にする軸が明確になった」と回答(93%)
③9割以上が「今後”なりたい姿”をイメージできた」と回答(93%)

■パーソルキャリア 執行役員 兼 人事部長 神田充教( かんだみつのり )コメント
「新人が育たない」「モチベーションが低下している」など新卒社員への人事課題は、多くの企業で共通する悩みの 1つです。 そこで今回、 新卒社員が自身の目標について改めて考える機会として 『新卒 1年目限定タニモク』を実施しました。
事後アンケートでは、多くの方が体験する前と比べ「 “はたらくこと”や“仕事”に対するモチベーションが向上 した」「今後”なりたい姿”をイメージできた 」と回答しており、参加者の皆さんにとって、今後の“はたらく”についてしっかり考えるきっかけとなり、成長につながる良い刺激になったと言えるでしょう。
パーソルキャリアでは今後も、 はたらく人の成長を支援する人材会社として 、 社員 をはじめとする“はたらく”すべ
ての人 が本当にやりたいことを見つけるためのきっかけや、前向きに働ける環境づくりを目指します。

「タニモク」ファシリテーター 兼 プロジェクトリーダー 三石原士(みついしもとし)コメント
「タニモク」は、他人の視点や価値観を参考にして目標をたてることで、新しい気づきや自分自身の隠れた可能性を発見することができます。今回の『新卒1年目限定タニモク』では、他人と今後の人生や生き方について改めて考えることで、参加者の多くが働くうえで大切にしたい軸や明確な目標を見つけることができ、仕事に対するモチベーションの向上に繋がったようです。
また、今回は複数の企業の新卒1年目を集めて「タニモク」を実施しましたが、1社のみで実施する場合は利害関係のない別の部署の3年目以上や管理職など、立場の異なる方を交えて実施することをお勧めします。同じ会社であっても、普段接点のない異なる立場の方との交流は、参加者にとって良い気づきとなるでしょう。

【参加者がイメージした今後“なりたい姿”(一部抜粋)】
・個人的な趣味を仕事にしたい
・より積極的に技術提案をしていきたい
・海外と日本の架け橋のような存在になりたい
・人を巻き込んで信頼される存在になりたい

新卒1年目 フリーコメント
・(もらえる意見が)良い意味で無責任だからこそ面白い。自分の可能性を広げられると思った
・自分で考えるだけでは思いつかなかった、斬新な発想を得た
・思考の方向性が全く異なる人たちの意見を聞くことで、視野が広がる感覚があった
・自分の在り方にフィードバックをもらえるのは嬉しかった
・意外な意見もあり驚いたが、参考になった

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは「はたらいて、笑おう。」をブランドスローガンに、2016年7月に誕生した新たなブランドです。パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。