パーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瀬野尾 裕、以下パーソルキャリア)は、2022年4月1日付で、CIO(Chief Information Officer)、CTO(Chief Technology Officer)、CBO(Chief Branding Officer)を設置したことを、お知らせいたします。

最高情報責任者であるCIOには片山 健太郎が、最高技術責任者であるCTOには岡本 邦宏が、そして最高ブランディング責任者であるCBOには株式会社DISTANT DRUMS 代表取締役の永田 大輔が就任いたしました。

これらの専任CxO職を設置することで、2022年4月1日からの新経営執行体制を強化し、当社のミッションである-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-のさらなる推進と顧客体験価値の向上、すなわち、「キャリアオーナーシップ」を育む社会の創造を目指してまいります。

■CIO(Chief Information Officer)片山 健太郎(かたやま けんたろう)コメント
CIOの設置は、ITの重要性に対する会社からのメッセージであり、より先進的・効果的なIT活用への期待と考えています。これに対して強い責任を感じるとともに、とても楽しみです。テクノロジーを最大限活用して、当社のミッションの実現を目指してまいります。

【プロフィール】
テクノロジー本部 BITA統括部 エグゼクティブマネジャー
1998年に外資系コンサルティング会社に入社、システムの開発・運用保守、BPRに伴うパッケージシステムの導入や、IT化構想策定のPM/PMOなどの業務に14年間携わる。ITを軸に1社の企業の経営に携わりたいと考え、2012年2月にインテリジェンス(現パーソルキャリア)に入社。 人材紹介・転職メディア事業のIT責任者を務め、2015年からIT組織(BITA統括部)を管掌。

■CTO(Chief Technology Officer)岡本 邦宏(おかもと くにひろ)コメント
CTOとして、技術に立脚しながらも、「はたらく」の事業戦略をしっかりと形作る役割を担っていきます。事業の成長に合わせ、技術組織とサービス作り双方を進化させ、パーソルキャリアの飛躍に技術で貢献できるように取り組んでまいります。

【プロフィール】
エンジニアリング統括部 エグゼクティブマネジャー

オーストラリアで事業の立ち上げを経験した後、モバイルコンテンツの事業責任者 兼 子会社のCTO(最高技術責任者)を務める。その後も引き続き、CTO・技術統括として数多くのベンチャーにて、大規模サービスの立ち上げ・成長に携わる。音声ベンチャー、不動産テックをはじめとする企業の技術顧問などを経て、2020年7月パーソルキャリアに入社。

■CBO(Chief Branding Officer)永田 大輔(ながた だいすけ)コメント
パーソルキャリアという企業、そしてパーソルキャリアが提供するサービスが、社会やお客様が求めること、必要とすることに真摯に向き合い、独自の付加価値をもとにした最高のブランド体験を提供していくことが出来るよう、全社横断のブランディング活動を推進していきたいと考えています。

【プロフィール】
大学在学中の1996年に電脳隊を創業。創業メンバーとしてマーケティング全般を担当。2000年に電通へ入社。マーケティング、プロモーション、コンテンツ、メディア領域で横断的なプロデュースを手がけた。2011年にDISTANT DRUMSを創業し代表取締役に就任。それまでの経験を活かし、経営・事業企画、ブランディング、マーケティング、プロモーション、コンテンツ、メディア、クリエイティブなどの幅広い専門領域をベースに企業や団体が抱える多様な課題をワンストップで解決するプロデューサーズカンパニーとして多くの案件を手がけている。

■2022年4月1日付 CxO
ポスト:CIO(Chief Information Officer)
氏名:片山 健太郎

ポスト:CTO(Chief Technology Officer)
氏名:岡本 邦宏

ポスト:CBO(Chief Branding Officer)
氏名:永田 大輔 

パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる持続可能な社会の実現に貢献していきます。