転職サービス「doda」などを提供するパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瀬野尾 裕、以下パーソルキャリア)は、多くの企業が抱える人材活用という課題を解決し、外部人材活用が当たり前の社会を実現するため、経営課題解決に取り組む企業向けの経営支援サービス「i-common」を「HiPro Biz(ハイプロ ビズ)」に、フリーランスITエンジニア専門エージェントサービス「i-common tech」を「HiPro Tech(ハイプロ テック)」に名称変更し、各サービスをプロフェッショナル人材の総合活用支援ブランド「HiPro(ハイプロ)」に集約した上で、新たにサービス展開していくことをお知らせいたします。これにより、「HiPro」は2022年5月25日にサービスリリースした「HiPro Direct」に、「HiPro Biz」、「HiPro Tech」を加え、顧客課題に合わせた3つのサービスを展開してまいります。

■「HiPro」ブランド傘下

2018年に「働き方改革」の一環として副業が解禁され、企業の週休3日制の導入、その後のコロナ禍でのリモートワーク普及などを背景に、副業・フリーランスを希望する個人が増加する等、個人のはたらき方は多様化しています。しかしながら、兼業・副業による企業の外部人材の活用実績は約1割※1と、社会の変化に企業側の対応が追いついていないという状況です。
※1:東京都産業労働局「都内企業における兼業・副業に関する実態調査」(対象:都内中小企業9,000 社・都内大企業1,000 社)

企業を取り巻く環境が劇的に変化し、課題がより複雑化しているにもかかわらず、課題解決の手段=「雇用」、つまりは「正社員や契約社員を採用する」という従来の選択肢しかもたないために、必要とするスキルを持った優秀な人材をなかなか採用できないという企業が今なお多く存在しています。「採用」に課題を抱えることで、結果として事業を推進することができない。場合によっては企業の存続さえも危ぶまれる。そういったことが現に今起きています。

こうした企業を取り巻く社会課題を解決するために、パーソルキャリアは2022年5月25日に、副業やフリーランスといった外部人材活用という選択肢を当たり前にするプロフェッショナル人材の総合活用支援ブランド「HiPro」を立ち上げました。
今回、複雑化する企業課題の解決支援を多角的に行うために、経営課題解決に取り組む企業向けに、事業会社やアカデミアで経験を積んだ上級役職者やテクノロジーに精通した専門家を、アドバイザーとして提案する経営支援サービス「i-common」、フリーランスITエンジニア専門のエージェントサービス「i-common tech」という既存の外部人材活用サービスを「HiPro」傘下へ集約。ブランド立ち上げと同時に発表した“企業と副業・フリーランス人材をつなぐマッチングプラットフォーム「HiPro Direct」”に加えて、これまで約10年の外部人材活用のサポート実績を持つ「i-common」、および「i-common tech」が加わることで、経営領域の高度な課題から、IT・テクノロジー領域における課題まで幅広く応えることを目指します。

「HiPro」は「スキルを解放し、社会を多様にする。」というブランドパーパスの下、企業は課題解決に必要な人材と出会うことができ、個人は自分のスキルにあったプロジェクトを探すことができる、“外部人材活用が当たり前“の社会の実現に向けて今後も取り組んでまいります。

■「HiPro」に集約し、名称を変更するサービス *サービス内容の変更はありません。

■サービス名称変更適用日
2022年7月7日(木)

パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる持続可能な社会の実現に貢献していきます。