総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」< https://doda.jp >は、22~59歳のビジネスパーソン5,975人を対象に「転職したい会社」を調査し、「DODA転職人気企業ランキング 2018」としてまとめましたので、お知らせいたします。
※全体のランキングなどはDODAサイトにて発表しています。https://doda.jp/guide/popular/

女性をピックアップし、女性が働きたいと思う企業をランキングしました。
■女性ランキング詳細:https://doda.jp/woman/guide/popular/

■【男女別】 ~ トップ2は前回と変わらずの安定感。1位グーグル、2位トヨタ自動車。
2018年のランキングを男女別にみると、男性は昨年同様、1位トヨタ自動車、2位グーグル、3位ソニーでした。一方、女性は、トップ2は昨年同様、1位グーグル、2位トヨタ自動車でしたが、3位は楽天となりました。1位のグーグルの投票理由を見ると、「イノベーティブで面白そうな仕事ができそう」「最先端のテクノロジーで、ここにしかない経験ができそう」といったキャリアに関する理由に加え、「自由で開放的なオフィス」「自由な社風で働きやすそうな制度が整っていそう」といったコメントが目立ちました。2位のトヨタ自動車も、「安定していて、福利厚生もしっかりしていそう」「日本を代表する大企業で安泰のイメージ」といった理由が多く見られました。3位の楽天は、前回6位から順位を上げてトップ3にランクイン。「社食が朝、昼、晩とも無料で福利厚生が期待できる」「英語のコミュニケーションが楽しそう」といったメディアでも多く取り上げられている独自制度が支持を集めました。

3社とも「福利厚生」をはじめ、「自由」「安定」がキーワードになっていて、待遇や社風を含む、働く環境を理由に書いている方が多いのが特徴でした。

また、50位以内の企業を見ると、全体的に女性が企業を選択する上で「働き方」や「働く環境」だけでなく、「成長」「将来性」または「社会性」などを重要視する傾向が強くなってきたと考えられます。                        
→ランキング(上位20社)は下部に掲載

■【特徴①】 ~ “好き”を仕事に。商品やサービスへの親しみが転職意向へ。
4位の全日本空輸(前回3位)と5位の日本航空3位(前回4位)の投票理由を見てみると、両社とも「飛行機が好きだったから」「航空業界の一番の憧れ」といった声がほとんどで、航空業界は女性から根強い人気があることが分かります。また、11位のApple Japan(前回19位)や12位のアマゾン ジャパン(前回30位)、18位のLINE(前回圏外)、21位のクックパッド(前回45位)はいずれも前回から大きく順位を上げたIT系企業。理由を見ると、「iPhoneが好き」「よく利用するサービス」など、こちらも商品やサービスに好意を持って選んでいるのが共通しています。

身の回りにある好きな商品やサービスから転職意向につながるのは、これまでも女性の特徴としてありましたが、根強い人気のある航空業界や食品・日用品だけでなく、スマートフォンを軸にしたIT関連の商品やサービスが上位に挙がってきているのが、今回調査で見られた大きな変化です。

■【特徴②】 ~ 「業績がいい」「成長している」などの理由から、圏外からランクアップした企業多数。
50位までで圏外からランクアップした企業は、28位の任天堂、31位の電通、35位の日本アイ・ビー・エム、41位のキーエンス、48位のサイボウズなどでした。2017年3月に発売されたハイブリッドゲーム機「Nintendo Switch(ニンデンドースイッチ)」が爆発的ヒットで注目を集めた任天堂は、「新商品のクオリティが高水準」「今、波に乗っている企業」などの理由があがりました。また、電通や日本アイ・ビー・エム、キーエンスでは、「やりがいがありそう」「給料が高そう」「業績がよく成長性がありそう」といったコメントが目立ちました。いずれも、業績好調で成長している企業であり、将来性に期待を持って希望している傾向がありました。

そんな中でも独特な理由だったのが48位のサイボウズ。働き方改革について実態をユニークにまとめた動画「サイボウズ ワークスタイルアニメ『アリキリ』」などが話題になりましたが、「多様な人が活躍していそう」「社長が夫婦別姓など社会的課題に取り組んでいる」などの、サイボウズならではの理由を書いている方が多く見られました。 

■調査概要
【対象者】 22歳~59歳のホワイトカラー系職種の男女 
                     ※上記から女性の回答をピックアップしてランキングを選定
【雇用形態】正社員
【調査手法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
【調査期間】2018年2月14日~2月19日
【調査方法】投票者が転職を希望する企業を自由形式で1位から3位まで記入。持ち点10ポイントの中から、
                     それぞれの企業への志望度合に応じて、自由にポイントを振り分ける。
                    (ランキングは、振り分けられたポイントの合算値が多い順に作成)
【回答人数】5,975人
※昨年の「転職人気企業ランキング2017」から、調査概要の一部(対象者の年齢、ウェイトバック値、調査方法)を
    変更しています。そのため、2016年以前のランキングとの比較は行っていません。

【 男女別ランキング(上位20社) 】 

 

■「DODA」についてhttps://doda.jp
「DODA」は、「いい転職が、未来を変える。」を目指し、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のDODA転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣サービスの「テンプスタッフ」、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。