総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営するアルバイト求人情報サービス「an」< https://weban.jp/ >は、求人情報メディア「an」に掲載された求人広告から平均時給を分析しています。2018年7月の結果をお知らせします。
■2016年5月データより市況感に合わせたサンプル数に変更しており、過去のデータについても再集計を行っております。
■「an」で実施しております意識調査や求人情報に関するデータは、採用企業向け情報サイト「anレポート」
https://weban.jp/contents/an_report/ >にて公開しております。

【 全体 】 ~ 平均時給 1,024円。前年同月比 41カ月連続で平均時給上昇
2018年7月の全国平均時給は1,024円(前月1,021円、前年同月999円)となりました。前月比+3円、前年同月比+25円となり、前年同月比は41カ月連続で増加しました。求人数※1は前月比97.8%、前年同月比131.3%となりました。
※1:「an」サイトの求人掲載数

【 エリア別 】 ~ 「九州エリア」は59カ月連続で前年同月比が増加。インバウンド需要の拡大が要因
エリア別平均時給は「関東エリア」が1,076円で最も高く、次いで「東海エリア」が1,020円、「関西エリア」が1,012円、「九州エリア」が930円、「北海道エリア」が908円という順になりました。特に「九州エリア」は59カ月連続で、前年同月比を上回る状況が継続しています。
九州の外国人入国者数は年々増加しており、国土交通省九州運輸局の調査によると、2017年は494万人※2と、過去最高値となっています。このようなインバウンド需要に伴う、ホテルや飲食店など、旅行者向けにサービスでのアルバイトニーズの高まりが、時給増加の要因と考えられます。
※2:国土交通省九州運輸局「九州への外国人入国者数の推移について」より


【 職種別 】 ~ 学生のニーズに合わせ、「フード系」職種は7月以降に採用を後ろ倒す傾向に

職種別平均時給は「専門職系」(1,175円)が最も高く、次いで「運輸職系」(1,137円)、「サービス系」(1,040円)、「事務系」(1,043円)「技能・労務系」(1,028円)、「フード系」(992円)、「販売系」(956円)と続きました。
「フード系」の職種では、夏に向けて採用を活発化する企業が見受けられました。今後も7月のテスト期間を終えた学生を採用しようと動く企業が増える為、8月は継続してニーズが高まる見通しです。

【 解説 】 ~ 小売各社の中食業への参入や、EC大手の事業拡大により「技能・労務系」の時給が増加
7月の全国平均時給は、前月比+3円の増加となりました。「九州エリア」では、インバウンド需要の拡大に伴い「サービス系」や「フード系」の職種で時給が増加しました。職種別では、製造工や仕分け梱包が分類される「技能・労務系」の職種で時給が増加しました。小売各社の中食業への参入や、ECサイトを運営する大手企業の事業拡大による、工場の新設や増設が相次いたことが要因と考えられます。8月は、都道府県別最低賃金の改定による影響で、コンビニなど小売業を中心に賃金の底上げが行われ、平均時給は増加する見通しです。


■解説者プロフィール an編集長 川合 恵太(かわい けいた)
1995年に大学卒業後、制作会社に入社。インターネット黎明期から、デザイナー、ディレクターとしてウェブビジネスに携わる。1998年にはウェブコンサルティング会社を設立し、九州地方でインターネットを活用した地域活性化プロジェクトに携わり、有田焼のECサイトの立ち上げなどをリードする。その後、2008年に楽天へ入社し楽天証券へ出向。スマートフォン向けのサービス企画部門を立ち上げ、証券業界で最も利用されるアプリの1つにまで成長させる。2017年パーソルキャリアに入社し、現職であるアルバイト求人情報サービス「an」のプロダクトマーケティング部門統括部長として従事。

■「an」について< https://weban.jp/
「an」は、1967 年「日刊アルバイトニュース」として創刊。現在は、PC・スマートフォンなどで、全国のアルバイト求人情報を提供し、より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣サービスの「テンプスタッフ」、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。