総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」< https://doda.jp >は、2018年12月の転職求人倍率をまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表しましたのでお知らせします。

※ 転職求人倍率は、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、dodaエージェントサービス登録者(転職希望者)1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です。
<算出式:転職求人倍率=求人数(採用予定人員)÷転職希望者数>

 

■2018年12月の概況
2018年12月の転職求人倍率は、前月比+0.13ポイントの2.49倍となりました。求人数は前月比99.8%、前年同月比105.5%となりました。転職希望者数は前月比94.4%、前年同月比121.6%でした。

業種別にみると、「その他」を除く8業種のうち「IT・通信」で求人数が増加しました。求人の増加率は、前月比106.2%でした。職種別では、11職種のうち「技術系(IT・通信)」「技術系(メディカル)」「専門職」「事務・アシスタント系」の4職種で求人数が増加しました。求人の増加率が特に高かったのは、「事務・アシスタント系」(前月比106.0%)、「技術系(IT・通信)」(前月比104.8%)でした。

■解説 ~4月入社に向け、企業の採用意欲がさらに高まり求人数が増加。転職先の選択肢も広がる~
12月の求人数は、年末の繁忙期で新たに人材募集を始める企業が少なかったものの、微減に留まりました。11月から2カ月連続の減少となりましたが、減少幅はわずかで、過去最大級の水準を維持しています。転職希望者数は、例年11月の90%ほどとなりますが、今年は94.4%と12月に入っても多くの人が転職活動を行っていたことが伺えます。

企業の中途採用への期待は引き続き高く、特に1月は4月入社に向けた採用がピークを迎えるため、求人が増加するでしょう。ただ、ここ数カ月、求人数は横ばいで10月に過去最高値を更新後、一服感があります。今後の経済動向次第では、4月以降の採用計画を変更する企業が出る可能性はありますが、当面の間、求人数は過去最大級の水準が続く見込みです。転職希望者にとっても、転職先の選択肢が非常に多い時期となることが予想されます。(doda編集長 大浦 征也)

※dodaサイトでご覧いただける「doda転職求人倍率レポート」では、詳細なデータや考察を掲載しております。 https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/index.html
※調査は2008年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報部までお問い合わせください。

■2019年上半期 転職市場予測 ~専門性を持つ人材ニーズの高まりが、さまざまな分野に広がる~
2019年上半期(1月~6月)は求人数が豊富な状況が続くでしょう。求人の増加幅はやや落ち着きますが、求人ニーズは高いまま推移しそうです。

複数の分野で「専門性のある営業職」と「データ活用の専門職」に注目が集まっています。「専門性のある営業職」は技術的な経験や業界特有の知識を持つ人材のニーズが高まりそうです。エンジニアの経験を活かして営業にキャリアチェンジすることや、金融や医療の業界経験を強みとして異業界の営業に転職するなど、転職先の選択肢も広がっています。「データ活用の専門職」は、IT・通信、電気・機械、企画・マーケティングの3つの分野で「データサイエンティスト」が、企画・マーケティングでは「Webマーケティング」も注目職種です。社内に蓄積される大量のデータを活用し事業貢献できる人材が求められると言えます。(doda 編集長 大浦 征也)

※ 「転職市場予測2019上半期」は、2019年1月7日(月)dodaサイトで公開しました。
14の業種・職種ごとに詳細な解説を掲載しております。https://doda.jp/guide/market/

■解説者プロフィール doda編集長 大浦 征也(おおうら せいや)
2002年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。
人材紹介事業に従事。法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。転職希望者のキャリアカウンセリングやサポートに長年携わる。担当領域は多岐にわたり、これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。
その後、キャリアアドバイザーの総責任者、法人営業部隊も含めた地域拠点の総責任者などを経て、2017年より現職。
社外にてJHR(一般社団法人人材サービス産業協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキンググループメンバー、SHC(公益財団法人スポーツヒューマンキャピタル)理事にも名を連ねる。

■「doda」について< https://doda.jp >
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣サービスの「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。