総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」< https://doda.jp >は、22~59歳のビジネスパーソン5,054人を対象に「転職したい会社」を調査し、「doda転職人気企業ランキング2019」としてまとめましたので、お知らせいたします。
※全体のランキングなどはdodaサイトにて発表しています。< https://doda.jp/guide/popular/

doda「女性の転職・求人情報Woman Career(ウーマンキャリア)」では、女性の回答をピックアップし、女性が働きたいと思う企業をランキングしました。< https://doda.jp/woman/guide/popular/

■トップ3は前回と変わらずの安定感。決め手は「働き方」「知名度」「充実した福利厚生」
女性のランキング1位となったのは、昨年同様「グーグル」でした。2位を圧倒的なポイントで引き離し、不動の1位となった主な理由には、「最先端の技術・サービスに触れられそう」「既成概念にとらわれていない」「自由にアイデアが出せそうな環境」「働き方も自由が利きそう」「オンとオフがはっきりできそう」といったコメントが並びました。

2位の「楽天」は、昨年から1ランクアップしました。メディアで取り上げられることが多い楽天は、「新規事業が多く、多角的な経営が魅力」「社員食堂などの福利厚生が充実しているのがいい」「まだまだ伸びていきそう」など、イノベーションと働く環境の良さがコメントとして挙がっていました。

3位は、長年にわたり根強い人気を誇る「トヨタ自動車」でした。「世界に通用する安定企業だから」「開発力がある」「給与も高く、福利厚生も充実している」と、グローバル企業であることの安定性や社員を大切にする姿勢、給与や福利厚生の手厚さを挙げるコメントが多く見られました。

また、アマゾンジャパンとZOZOが、昨年から大きく順位を上げ、トップ10にランクインしました。
→ランキング(上位50社)は下部に掲載

■特徴①:通販・消費財・食品関連企業が人気を集める。商品やサービスへの親しみとあこがれが転職意向へ
男性の人気企業ランキングと女性の人気企業ランキングのトップ10位を比較してみると、「資生堂」(女性7位、男性58位)、「日本航空(JAL)」(女性8位、男性18位)、「ZOZO」(女性9位、男性16位)と、企業によって順位に差が見られました。また、トップ30位までを見ると、「JTB」、「味の素」、「明治」、「クックパッド」、「カルビー」、「カゴメ」、「タニタ」といった普段の生活で接する機会の多い商品やサービスを展開する企業が、男性よりも女性からの支持が厚いという結果になりました。

今回も過去のランキング同様、女性のほうが、身近なサービスや商品に関わる仕事がしたいという傾向が顕著に表れる結果となりました。これは、会社のサービスや商品が、自身の生活に直結し、仕事のやりがいや成果が見えやすいからと言えるでしょう。

■特徴②:メディア露出度が、企業人気を左右するカギに
転職したい企業を選んだ理由トップ10位を見てみると、「仕事へのやりがい」のほかに大きく3つの傾向がありました。

(1)多くの人に知られている
  (「知名度」「企業イメージ」「サービス・ 商品 が好き」)
(2)給与・福利厚生が良い
  (「給与・待遇」「職場環境」)
(3)成長が期待できる
  (「将来性」「新しいことへの挑戦」)

特に(1)は、メディアなどで取り上げられると飛躍的に「知名度」がアップするため、前年に話題となった企業の人気が上がるきっかけとなります。例えば、今回7位(2017年ランキング圏外)の「ZOZO」は、ここ1年社長自身のSNSでの発言やメディア露出などで「知名度」が上がりました。また、「6時間労働制」や「社員一律給与」など特徴的な社内制度で、福利厚生面でも注目され、人気の後押しになったと言えるでしょう。

■特徴③:東海はトヨタ、デンソーなどの地場企業が、関西はイニエスタ効果で楽天が上位にランクイン
東海では、地場産業への人気が高いことが見てとれます。1位のトヨタ自動車はもちろんのこと、6位のカゴメは愛知で創業、7位の自動車部品メーカー最大手のデンソーや、10位の豊田自動織機も愛知が本社で、ともにトヨタグループの主要企業です。地元愛はもちろんのこと、東海を中心に、世界で活躍する企業が支持を集めていました。

関西では、楽天が1位に輝きました。昨年、楽天が運営するヴィッセル神戸がイニエスタ選手を獲得し、大きな話題となりました。ECサイトとしての利便性はもちろんのこと、地元に根付いたサッカーチームへの貢献度で、関西での人気を後押ししたと想定されます。

関東は、総合とほぼ同じ結果となりました。

【 地方別 女性が選ぶ転職したい会社(上位10位) 】
※太字の企業は、女性の総合順位と比較して順位が3つ以上あがる企業です。

■調査概要
【対象者】 22歳~59歳のホワイトカラー系職種の男女 ※上記から女性の回答をピックアップしてランキングを選定
【雇用形態】正社員
【調査手法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
【調査期間】2019年2月16日~2月22日
【調査方法】投票者が転職を希望する企業を自由形式で1位から3位まで記入。持ち点10ポイントの中から、
                     それぞれの企業への志望度合に応じて、自由にポイントを振り分ける。
                   (ランキングは、振り分けられたポイントの合算値が多い順に作成)
【回答人数】5,054人


【 女性が選ぶ転職したい会社(上位50社) 】

■「doda」について< https://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣サービスの「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。