総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」< https://doda.jp >は、20歳~59歳のビジネスパーソン15,000人を対象に、仕事に対する満足度調査を行いましたので結果をお知らせいたします。本調査は、現在就いている職種について、『総合』『仕事内容』『給与・待遇』『労働時間(残業・休日など)』『職場環境(社風・周囲の社員など)』の5つの指標別に、満足度を100点満点で回答してもらった結果をまとめたものです。
※調査結果の詳細は、dodaサービスサイト< https://doda.jp/guide/manzokudo/ >をご確認ください。

■総合満足度 ~1位は「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」で、70.6点~ → 職種別ランキングは下部
仕事満足度ランキングの各指標の平均点は、『総合』が64.7点(昨年62.2点)、『仕事内容』が69.2点(同64.2点)、『給与・待遇』が62.6点(同56.5点)、『労働時間』が73.6点(同66.5点)、『職場環境』が66.9点(同60.3点)となり、すべての指標で昨年を上回りました。5つの指標の中では『労働時間』に対する満足度が最も高く、昨年に比べて7.1点アップし、「働き方改革」がより浸透してきたというコメントが多く集まりました。

全118職種の中で『総合』満足度が最も高かった職種は、1位が「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」(73.5点)、2位が「MR(営業)」(72.8点)、3位が「英文事務(事務/アシスタント)」(72.3点)でした。

1位の「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」は、『職場環境』以外の4つの指標で満足度が平均70点を超えました。特に『仕事内容』に対する満足度が高く、仕事そのものを楽しんでいるコメントが多く見られました。2位の「MR(営業)」は、昨年1位、一昨年2位と、高い満足度を維持しています。すべての指標で70点を超える高い満足度であり、中でも『給与・待遇』と『労働時間』が満足度を高める要因と考えられます。3位の「英文事務(事務/アシスタント)」は『総合』、『仕事内容』、『労働時間』、『職場環境』の4つの指標で満足度が高く、特に『職場環境』の満足度が全118職種の中で2番目という結果でした。

昨年は企画・管理系の職種が上位10職種のうち5つを占めていましたが、今年は技術系の職種が上位10職種のうち、5つを占める結果となりました。この5つの職種では、特に『労働時間』の満足度が高く、自身の裁量で業務時間を調整できるため満足していることが、コメントにも表れていました。

■解説 ~『総合』の満足度が高い職種は『給与・待遇』も満足。「働き方改革」が進んでいる一方、課題も~
今回15,000人の回答から、仕事満足度『総合』が高い職種は、『給与・待遇』の満足度も高いことが分かりました。自身の仕事や評価にあった給与が払われていると感じると、仕事への満足度が高くなると考えられます。

また、昨年同様、5つの指標の中で『労働時間』に対する満足度の平均点が73.6点と、最も高い結果になりました。フレックスタイム・有給休暇取得促進・在宅勤務・ノー残業デーなど、「会社側が率先して残業の削減や働きやすさを推進してくれた」とのコメントが多数見られました。一方で、「休みが増えた分、1日の仕事量が増えた」「残業がNGになり、終わらない仕事は持ち帰っている」「有給休暇の義務化で、夏季休暇と年末年始休暇は有休消化になった」など、制度として機能していないというコメントも見られました。「働き方改革」を促進するために、企業は「業務の自動化」や「ワークシェアリング」を行うことも求められているようです。(doda編集長 大浦 征也)

■調査概要
調査対象:20歳~59歳のホワイトカラー系職種の男女
雇用形態:正社員
調査方法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
実施期間:2019年7月
有効回答数:15,000件
回答方法:現在就いている職種に対する満足度を『総合』『仕事内容』『給与・待遇』『労働時間(残業・休日など)』『職場環境(社風・周囲の社員など)』の5つの指標別に、100点満点中何点か回答
※そのほか業種別、さらに『仕事内容』『給与・待遇』『労働時間』『職場環境』仕事満足度ランキングの調査結果も、< https://doda.jp/guide/manzokudo/ >でご確認いただけます。

■解説者プロフィール doda編集長 大浦 征也(おおうら せいや)
2002年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。
人材紹介事業に従事。法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。転職希望者のキャリアカウンセリングやサポートに長年携わる。担当領域は多岐にわたり、これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。
その後、キャリアアドバイザーの総責任者、法人営業部隊も含めた地域拠点の総責任者などを経て、2017年より現職。
社外にてJHR(一般社団法人人材サービス産業協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキンググループメンバー、SHC(公益財団法人スポーツヒューマンキャピタル)理事にも名を連ねる。

■「doda」についてhttps://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルは「はたらいて、笑おう。」をブランドスローガンに、2016年7月に誕生した新たなブランドです。パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。