パーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、22~59歳のビジネスパーソン5,003人を対象に「転職したい会社」を調査し、「doda転職人気企業ランキング2021」としてまとめました。さらに、doda「女性の転職・求人情報Woman Career(ウーマン・キャリア)」< https://doda.jp/woman/ >では、女性の回答をまとめ、「女性の転職人気企業ランキング2021」として公開しましたので、お知らせします。

■女性ランキング詳細:https://doda.jp/woman/guide/popular/
※全体のランキングなどは、dodaサイト< https://doda.jp/guide/popular/ >にて発表しています。

■上位は、安定したブランド力を持つおなじみの顔ぶれがランクイン。
1位に輝いたのは「グーグル」で、2位に圧倒的なポイント差をつけています。投票理由には「グローバルなIT企業で働いてみたい」「ホワイト企業と聞くし、世界を代表する大手企業がどんな感じなのか経験してみたい」「成長性のある企業だと思うから」といったコメントが並びました。グローバルに成長を続ける将来性に魅力を感じる人が多いようです。

2位の「トヨタ自動車」は、「日本を代表する大企業」「コロナ禍でも工夫をして売り上げや業績を拡大していて、活気がある」「メディアで見る社長や経営陣が魅力的」など、ブランドはもちろん、会社の挑戦や取り組みにも好感を持つコメントが多く見られました。

3位の「楽天」は、「いろいろなことにチャレンジして成長している会社、自分も成長できそう」「次々と新しいサービスを生み出す現場を見てみたい」など多角的な事業の広がりへの期待を寄せるコメントが挙がりました。

4位にランクインした「ソニー」は昨年より7ランクアップ。2021年3月期の決算では過去最高益、特にゲーム、音楽、映画などのエンタメ事業が好調で、人々の注目を集めました。

→ランキング(上位50社)は次ページに掲載

■特徴①:新型コロナで企業の選び方はどう変わった?「安心感・安定感」「柔軟な働き方」をより重視
新型コロナウイルスの影響を受け、人々の生活様式が大きく変わり定着した2020年~2021年。調査を通じて、働く人々の価値観や企業を見る観点にも変化があったことが分かりました。

「新型コロナウイルスの感染拡大を機に、転職したい(働いてみたい)企業を選ぶ理由は変化しましたか?」という質問をしたところ、女性の回答者のうち、約3割が「変化があった」と回答しました。中でも、「コロナ下でも安心して働けそう」「安定して長く働けそう」「柔軟な働き方ができそう(テレワークやリモートワークなど)」という点をより重視するようになった、という傾向が見えました。

フリーコメントでも「業績がよく今後も安定しそう」「有名企業なので、安心感がある」という意見が目立ち、コロナの影響で先行きが不透明なことに対して不安を感じている人は少なくないようです。

■特徴②:コロナ禍の自粛生活を身近で支えた企業が、昨年から大幅ランクアップ
今年は、コロナ禍の人々の生活様式の変化により、ランキングにも変化が見られました。変化があった業界の一つが食品メーカー。自粛要請により外食が減り、自宅での食事がより生活の中での大きな楽しみの一つになったことから、ランクアップしたと考えられます。また通信大手はコロナ禍の生活スタイルの変化によって、利用料金を見直す人が多かったことに加え、大手キャリアから価格帯を一新した低価格プランの発表が相次いだことが影響したといえそうです。

個社ごとに見ると、任天堂は、一昨年は50位圏外でしたが、去年は26位、今年は13位と、この2年で人気が急上昇しています。“巣ごもり需要”で、ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」や人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の販売が好調となり、2021年3月期決算の営業利益と純利益は過去最高を記録するなど、広く支持されていることから順位を上げたと考えられます。昨年から21のランクアップをみせたタニタは、コロナ禍で意識を向ける人が増えた「健康をつくる」商品やサービスを展開していることから、「社員の健康や考え方を尊重していそう」「ワークライフバランスがよさそう」などのコメントが寄せられました。その他にも、外出自粛の期間中に、インターネットでの買い物需要を支えたZOZO、家で過ごす時間が増え、家具やインテリアを充実させたいという需要が伸びたことを背景に、ニトリもランクアップしました。

また、いち早い在宅勤務への切り替えの実施や、マスク・感染予防対策物資の生産や提供、寄付などの対応が話題になった企業も、コロナ下での「働きやすさ」「迅速かつ柔軟に対応する姿勢」「貢献性」が評価されたとみられ、カルビー(33位→23位)、ソフトバンク(18位→15位)などが順位を上げました。

 ■調査概要
【対象者】 22歳~59歳の男女 
※上記から女性の回答をピックアップしてランキングを選定
【雇用形態】正社員
【調査手法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
【調査期間】2021年2月10 日~2月16 日
【調査方法】投票者が転職を希望する企業を自由形式で1位から3位まで記入。持ち点10ポイントの中から、それぞれの企業への志望度合いに応じて自由にポイントを振り分ける。
(ランキングは、振り分けられたポイントの合算値が多い順に作成)
【回答人数】5,003人

 

■「doda」についてhttps://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。

 ■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。