パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」(編集長:喜多 恭子)は、2021年6月の転職求人倍率をまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表します。
※ 転職求人倍率は、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、dodaエージェントサービス登録者(転職希望者)1人に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です。
<算出式:転職求人倍率=求人数(採用予定人員)÷転職希望者数>

■2021年6月の概況
2021年6月の転職求人倍率は、前月比+0.01ポイントの1.86倍となりました。求人数は前月比105.0%、前年同月比121.8%となりました。転職希望者数は前月比104.9%、前年同月比109.0%でした。

業種別では、「その他」を除く8業種のうち、すべての業種で求人数が前月より増加しました。求人の増加率が最も高かったのは「金融」(前月比113.8%)、次いで「小売・外食」(前月比112.2%)でした。職種別でも、11職種すべてで求人数が前月より増加しました。求人の増加率は、高い順に「事務・アシスタント系」(前月比119.5%)、「技術系(化学・食品)」(前月比110.9%)となりました。

■解説
求人数はコロナ前の2019年同月比では約9割まで回復、リーマンショック時よりも早い傾向
6月の求人数は、前月より増加しました。前年同月比では先月に引き続き大幅に増加、コロナ前の2019年同月比で88.3%まで回復している状況です。また前月比では、全業種・全職種で増加しています。要因として、新型コロナウイルスのワクチン接種が行き渡ったあとの景気回復を見据えた採用活動を開始する企業が増えたことが考えられます。中でも、製造業ではコロナ前の2019年度を上回る設備投資計画となっており、それに伴い採用を強化する企業が増えています。

この状況は、同水準への回復に約3年を要したリーマンショックとの比較では、回復が早いと言えます。また、業種によって回復に乖離がみられるK字回復をしていること、さらに業種内においてもK字回復が起きている点は今回の特徴のひとつです。転職希望者数も前月比で微増し、3カ月連続で過去最高値を更新しました。求人倍率は、求人数の増加幅が転職希望者数のそれを上回ったため、前月より上昇しています。

7月は、ワクチン接種が行き渡った先を見据え、昨年抑制していた採用の補充目的を中心として、採用活動が活発化することが予想されます。加えて、一部の企業では、コロナウイルスの感染拡大以来抑えていた未経験歓迎求人の回復もみられることから、求人数は微増加が予想されます。一方、転職希望者数は中長期的には引き続き増加傾向ですが、7月については、コロナの感染拡大前同様に微減する見込みです。(doda編集長 喜多 恭子)

※dodaサイトでご覧いただける「doda転職求人倍率レポート」では、詳細なデータや考察を掲載しています。
https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/
※調査は2008年から行っています。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報部までお問い合わせください。

■解説者プロフィール doda編集長 喜多 恭子(きだ きょうこ)
1999年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。
派遣・アウトソーシング事業で法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、人材紹介事業へ。法人営業・キャリアアドバイザーのマネジャーとして組織を牽引。その後、派遣事業の事業部長として、機械電子系の派遣サービス立ち上げやフリーランス雇用のマッチング事業立ち上げなどを行う。中途採用領域、派遣領域、アルバイト・パート領域の全事業に携わり、アルバイト求人情報サービス「an」の事業部長を経て、2019年10月、執行役員・転職メディア事業部事業部長に就任。2020年6月、doda編集長就任。

■「doda」についてhttps://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。