パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」(編集長:喜多 恭子)は、22~59歳のビジネスパーソン5,037人を対象に「転職したい会社」を調査し、結果を「doda転職人気企業ランキング2022」としてまとめましたので、お知らせいたします。
「転職人気企業ランキング2022」結果詳細:https://doda.jp/guide/popular/ 

■【総合】コロナ禍でEC市場を牽引する「アマゾンジャパン」が、2年連続で順位アップ

2022年の転職人気企業ランキングは、TOP3は2020年から3年連続で、「トヨタ自動車」(1位)、「グーグル」(2位)、「ソニー」(3位)という結果になりました。投票ポイントに目を向けてみると、2位の「グーグル」が、前年の3,977ptから4,441ptにアップ。1位「トヨタ自動車」(5,036pt)とのポイント差を、1,350から595まで縮めました。

続く4位の「アマゾンジャパン」は、2020年6位、2021年5位、2022年4位と、2年連続で順位を上げています。回答者からは「サービスを最も利用している」「名のある会社で、今のご時世かなり需要があると感じる」などといった声が寄せられ、コロナ禍でEC市場を牽引している同社に支持が集まりました。また、前年TOP10圏外だった「リクルートホールディングス」は、19位から9位まで順位を上げ、TOP10入りを果たしました。 

■「日本マイクロ」など、Withコロナ時代の新生活様式を支える企業に人気が集まる
15位の「日本マイクロソフト」は、2019年25位、2020年20位、2021年18位と、3年連続で順位を上げています。同社は、コロナ禍でのビデオ会議やテレビ電話などPCの重要性の高まりを受けて、2021年10月にWindows11の提供を開始しました。リモートワークや在宅勤務の普及に伴い、Microsoft TeamsをはじめとしたMicrosoft365ツールの利用者が拡大したことも、順位アップを後押しした要因といえそうです。

「塩野義製薬」は、前年圏外から105位にランクイン。新型コロナ感染症の飲み薬を開発している同社には、「ワクチン開発で貢献している」などのコメントが寄せられ、回答者から高い関心を集めています。186位にランクインした「小野薬品工業」は、主力のがん治療薬「オプジーボ」などの販売好調により増収増益。「経営が安定している」といった企業経営に対する信頼のコメントが見られました。今回、メディカル系企業が新たに6社ランキング入りし、コロナ禍という状況もあってか、メディカル業界への関心の高まりがうかがえる結果となりました。

【 総合ランキング 上位50社 】
*51位以降は< https://doda.jp/guide/popular/ >を参照

■【業種別】「塩野義製薬」や「エイチ・アイ・エス」など、コロナ禍で注目された企業がランクイン
業種別ランキングの「メディカル」では、国内初の新型コロナ治療薬(飲み薬)の開発で話題となった「塩野義製薬」が前回圏外から3位になるなど、15社のうち6社が新たにランキング入りしました。

「旅行・レジャー・エンターテイメント」では、近年子どもがなりたい職業の1つに挙がっているYouTuberをマネジメントする「UUUM(ウーム)」が20位にランクイン。おうち時間の増加や動画配信が身近になり、新しい業態の企業が前回圏外から順位を上げました。コロナ収束への期待の表れからか、旅行会社の「エイチ・アイ・エス(HIS)」(9位)や「帝国ホテル」(13位)も新たにランクインしています

【 業種別ランキング 上位5社 】
*5位以降は、< https://doda.jp/guide/popular/gyousyu/ >を参照

■調査概要
対象者:22歳~59歳の男女
雇用形態:正社員
調査手法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
調査期間:2022年2月18日~2月25日
調査方法:投票者が転職を希望する企業を自由形式で1位から3位まで記入。持ち点10ポイントの中から、それぞれの企業への志望度合いに応じて自由にポイントを振り分ける。
*ランキングは、振り分けられたポイントの合算値(小数点以下第二位まで)が多い順に作成。
回答人数:5,037人

結果の詳細は< https://doda.jp/guide/popular/ >をご確認ください。

転職サービス「dodaについてhttps://doda.jp/
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。