総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職求人サービス「ミイダス」< https://miidas.jp/ >は、俳優の竜雷太さん、安田顕さん、門脇麦さんを起用した初のTV-CMを、2018年8月19日(日)より放送開始しましたのでお知らせいたします。

■TV-CMコンセプト
「ミイダス」は、無料でいい人材を検索できる転職求人サービスです。近年、転職市場はますます活発化し、人材の採用は激化しています。それでも企業の成長や活性化には、新しい人材の採用が不可欠です。本CMは、そんな企業の力になりたいという想いを込めて制作しました。中途採用に関わる方だけでなく、多くの方に楽しんでいただけるよう、コミカルなストーリーに仕上げています。

■TV-CMストーリー
採用に悩む社長役の竜雷太さんをはじめ、採用に奔走する人事役の安田顕さん、「ミイダス」で採用の悩みを解決する秘書役の門脇麦さん、この3人の人間模様と採用をめぐる物語にぜひご注目ください。

「第1話:悩みはやがて激震を呼ぶ」篇
舞台は日暮里にある小さな専門商社、後藤田商事の社長室。社長の後藤田(竜雷太さん)は、人事の沖田(安田 顕さん)から上申される採用コストの高さに頭を悩ませていた。そんな時、秘書の麗子(門脇麦さん)が後藤田に「ミイダス」という、便利な中途採用ツールがあることをこっそり耳打ちする。笑みを浮かべる後藤田…。そして後日、麗子は人事部長に抜擢されるのだった。

「第2話:その壁の向こう側で乾杯」篇
まだまだ採用に悩む沖田。いい人材を探してさまざまな場所へ奔走するも、どうしても採用が上手くいかない。その頃、無料でいい人材を検索できる「ミイダス」を使い始めた後藤田と麗子は2人で祝杯をあげるのだった。
※8月26日(日)より放送予定

「第3話:無料と感無量のテクノロジー」篇
後藤田は「ミイダス」で採用した人材が優秀だったことに笑いが止まらない。一方、沖田は会社を退職しようと迷う姿を麗子に見られてしまう。麗子は沖田に「これが現代のテクノロジーよ」と言い、笑いながら社長室に姿を消すのだった。
※9月2日(日)より放送予定

■撮影秘話
竜さんと門脇さんは、2人でメイキング用のカメラにピースをするなど、終始和やかな雰囲気の撮影現場でした。また、人事役の安田さんが町中を奔走するシーンの撮影では、浅草・晴海・横浜の埠頭を猛暑の中、何本も全力でダッシュしていただきました。
メイキングムービーはこちら https://youtu.be/X-CwTxWYZpc

■TV-CM概要
【タイトル】
「第1話:悩みはやがて激震を呼ぶ」篇
「第2話:その壁の向こう側で乾杯」篇
「第3話:無料と感無量のテクノロジー」篇

【放送開始日/放送エリア】
2018年8月19日(日)より全国で順次放送開始。
※本CMは、https://corp.miidas.jp/ でもご覧いただけます。

■出演者プロフィール

 

・竜雷太
1940年1月21日生まれ。大阪府出身。ドラマ『これが青春だ』の主人公・大岩雷太役に抜擢され、一躍注目を浴びる。その後もドラマ『太陽にほえろ!』で “ゴリさん”こと石塚刑事を熱演し、人気を博す。以降、TBSドラマ『金曜日の妻たちへ』はじめ『ケイゾク』『SPECシリーズ』など、ドラマや映画を中心に多数出演。
 

・安田顕
1973年12月8日生まれ。北海道出身。演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。
近年は映画・ドラマ・舞台など数々の話題作に出演、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じている。2018年10月〜TBSドラマ「下町ロケット」、2019年4月~NHK連続テレビ小説「なつぞら」の出演を控えている。
 

・門脇麦
1992年8月10日生まれ。東京都出身。2011年にテレビドラマで女優デビュー後、14年の『愛の渦』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』『闇金ウシジマくんPart2』の演技にて第88回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞などを受賞。その後も数々の作品に出演し、2018年に第42回エランドール賞新人賞受賞。今後は、3本の主演映画『止められるか、俺たちを』(18/白石和彌監督)、『チワワちゃん』(19/二宮健監督)、『さよならくちびる』(19/塩田明彦監督)などが公開予定。

■ストーリーボード: 
「第1話:悩みはやがて激震を呼ぶ」篇

「第2話:その壁の向こう側で乾杯」篇

「第3話:無料と感無量のテクノロジー」篇

■TV-CM制作スタッフ
【AGENCY】
クリエイティブ・ディレクター:秋永寛(電通)
プランナー:山本友和(電通)
コピーライター:大貫冬樹(電通)
アートディレクター:小柳祐介(電通)
クリエイティブ・プロデューサー:福島隆雄(電通クリエイティブフォース)
クリエイティブ・プロデューサー:大迫雄一(電通クリエイティブフォース)

【PRODUCTION】
プロデューサー:早坂匡裕(ギークピクチュアズ)
プロダクションマネージャー:長谷川武徳(ギークピクチュアズ)

【STAFF】
監督:萩原健太郎(フリー)
撮影:國井重人(GORILLA)
撮影チーフ:松本謙一(フリー)
照明:藤井稔恭(藤井オフィス)
照明チーフ:大堀治樹(フリー)
美術:相馬直樹(アタッカンテ)
スタイリスト:柚木一樹(庚)
ヘアメイク:古久保英人(Otie)
音楽:緑川徹(MELODY PUNCH)
フォトグラファー:正田真弘(WHITNEY)
フォトプロデューサー:星和紀(こびとのくつ)
デザイナー:石見俊太郎(NORTH)
キャスティング:若穂囲雅(電通キャスティングアンドエンタテインメント)

 ■「ミイダス」について
<企業様向け:https://corp.miidas.jp/ 転職希望者様向け: https://miidas.jp/
「ミイダス」は採用したい人材に、企業から直接アプローチすることができる転職求人サービスです。企業は、自社に適した人材が何人いるか無料で検索することができます。オファーを送る機能は有料となり、一年間の定額制で提供しています。掲載できる求人数、配信できるオファー数は無制限、何人採用しても追加の費用が一切生じないため、圧倒的なコストパフォーマンスを実現することが可能です。2015年11月リリース以来、15,000社以上の企業が導入しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣サービスの「テンプスタッフ」、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。