総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」< https://doda.jp/ >は、「今よりもっと自分らしい働き方」をかなえたい女性に向けたサイト「Woman Career(ウーマン・キャリア)」< https://doda.jp/woman/ >が、心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」を提供するディグラム・ラボ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:木原 誠太郎)とともに、「生き方・キャリアに悩む女性のモヤモヤ解消プロジェクト」を立ち上げる運びとなりましたので、お知らせいたします。

※特設サイト:https://doda.jp/woman/careerlife/

■「生き方・キャリアに悩む女性のモヤモヤ解消プロジェクト」について
総務省統計局が2019年8月に発表した労働力調査によると、女性の就業者数は前年同月比で40万人増加、就業率は71.8%と、女性の社会進出が加速しています。一方で、女性のキャリアには結婚や出産などのライフイベントによる分岐点があり、「仕事とプライベートの両立」や「自身のキャリア」に悩む女性が多く、働き方やキャリアの選択肢が多様化していることに伴い、悩みも複雑化してきています。
※総務省統計局「労働力調査 (基本集計)」2019年8月分:https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/gaiyou.pdf

そのような背景を受け、本プロジェクトは、働き方の多様化により現代の女性が抱えている悩みや不安を『令和型女性モヤモヤ』と命名し、その解消を目指します。『令和型女性モヤモヤ』を解消に向けて、はたらく女性3,000人を対象に実施した調査結果の発表や客観的に自分を理解し、悩みを改善できる手助けとなるような診断の作成や、2020年3月には『令和型女性モヤモヤ』の解消をテーマにしたイベントを実施いたします。これらを通じて、女性が自分らしい働き方を実現できるよう支援してまいります。

■「生き方・キャリアに悩む女性のモヤモヤ解消プロジェクト」調査結果
プロジェクト始動に伴い、22~39歳のはたらく女性3,000人を対象に、プライベート、仕事、生き方、結婚や出産、モチベーションなどの『モヤモヤ(悩みや不安に思うこと)』について調査を行いました。

本調査は、自身が感じるモヤモヤを100点満点(高いほうがモヤモヤが強い)で点数化してもらった結果をまとめたもので、モヤモヤ度の平均点は63.2点でした。深ささらに年齢ごとに平均点を集計したところ、大きな差はみられず、全ての年齢で60点を越えており、年齢に関わらず多くのはたらく女性が悩みや不安を抱えていることが分かりました。

<調査概要>
・調査期間:2019年8月23日~25日
・調査対象:全国の22~39歳のはたらく女性計3,000人
・雇用形態:正社員
・調査方法:インターネットによるアンケート回答方式

■はたらく女性のモヤモヤ解消プロジェクト 運営担当者 林 真美 コメント
「Woman Career」を開設して6年、はたらく女性が抱える悩みの解決に、さまざまな角度から取り組んできました。その中で、見えてきた女性特有の課題は2つあり、「キャリアの見通しがはっきりとしない」「悩みを誰かに相談できない」ということです。前者は、自身ではコントロールできないライフイベント(結婚・出産・育児など)があることで、キャリアプランを立ててもなかなか思うように進まなかったり、変更を余儀なくされたりすることが原因として考えられます。後者は、世間の「女性はこうあるべき」という目や声などが気になり、家族や周りの人に相談できず、結果的にひとりで悩みを抱え込んでしまう傾向があるためです。

そんな女性たちが「自分を知り、自分と同じような悩みを抱える人とシェアできる」一つのヒントになればと思い、プロジェクトを開始いたしました。本プロジェクトを通じて「自身の性格や気質を理解して、モヤモヤしたものを解決できるヒント」を共に考え、女性の「”はたらく”や転職のわからないに応える」パートナーになっていきたいと考えています。

■診断開発者 ディグラム・ラボ株式会社 代表取締役 木原 誠太郎氏 コメント
私はディグラムを用いて多くの人の性格診断を行い、はたらく女性の悩みも多く聞いてきました。ディグラム診断を始めて約10年が経ちますが、年々女性の悩みは複雑化しており、解決に向けた診断コンテンツをつくることが出来ないか考えていました。

その中でお声掛けいただき、はたらく女性が抱える悩みの解決に貢献できる診断を作成できることとなり、弊社としても大変嬉しく、社会的にも大変有意義だと感じています。はたらく女性が抱える悩みの原因に「仕事」「人間関係」「恋愛・結婚」は多く挙げられますが、その中でも「仕事」は女性の社会進出が進む中で優先順位が高く、深く堀り下げていくことに大変価値があると感じています。

今回は単なる調査結果の発表ではなく、『令和型女性モヤモヤ』の解決を導くような分析と解析を実施しました。今後も診断コンテンツの作成や、イベントなどを予定しており、中長期的な取り組みとして『令和型女性モヤモヤ』の解決に向けた良い機会になると期待しています。

■診断開発者プロフィール
ディグラム・ラボ株式会社 代表取締役
木原 誠太郎氏 https://digram-shindan.com/
2001年、株式会社電通リサーチに入社し、リサーチプランナーとして多くのプロジェクトに参加。その後、Newhands、ミクシィ、電通を経て、2013年にディグラム・ラボ株式会社を設立。現在は統計学と心理学を掛け合わせた性格分析ツール「ディグラム」の研究およびビジネス展開を行っている。メディア出演、著書多数。

■「doda」についてhttps://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。